東北大学東北大学会計大学院

教員紹介

私たちの夢は、高度な分析能力を持つ会計職業人を養成することです。
「東北から世界へ」を合い言葉に一緒に夢を実現しましょう。

専任教員一覧(主要担当科目)

研究者教員

青木 雅明(管理会計)
青木 雅明

青木 雅明
会計大学院長 教授 元公認会計士試験委員

経済学博士(東北大)。
東北大学経済学研究科博士後期課程単位取得退学。
所属学会に日本管理会計学会(常務理事)、日本会計研究学会、原価計算学会。
主な研究業績に”Examination of Cost Distortion from Product Diversity: Two Products Case”(『研究年報経済学(東北大学)』、2004)、「会計研究とエージェンシー理論」(JICPAジャーナル、2004)、” Cost Control of Apparatus Proposed by P.J.Stoops in NEC(1952-1953)” ”(『研究年報経済学(東北大学)』、2002)、『管理会計』(同文舘出版、2005年)など。

担当科目
管理会計1、管理会計3、プロジェクト調査(管理会計)、プロジェクト研究(管理会計)、ワークショップa
Message
企業の内部で行われる意思決定において会計情報がどのような意味を持つかについてモデル分析を用いた研究をしてきました。会計大学院では、新しい知識を得ることの喜び、会計を学ぶことの楽しさを教えることができればと考えています。
木村 史彦(財務諸表分析)
木村 史彦

木村 史彦 教授、 博士(経済学)大阪大学

担当科目
財務諸表分析、企業評価、プロジェクト調査(財務諸表分析)、プロジェクト研究(財務諸表分析)、ワークショップb
Message
企業の実際の財務データを用いて、会計に関連する様々な課題を検証する実証的会計研究に取り組んでいます。最先端の会計研究の議論を分かりやすく講義に盛り込んでいきたいと思います。
リンク
教員個人ページ
嘉本 慎介(コーポレートファイナンス)
嘉本 慎介

嘉本 慎介
准教授、 博士(経済学)大阪大学

担当科目
コーポレートファイナンス1、コーポレートファイナンス2、プロジェクト調査(コーポレートファイナンス)、プロジェクト研究(コーポレートファイナンス)
Message
不確実性下における企業の事業投資や財務政策に関する意思決定を分析する理論研究を中心に行っています。コーポレートファイナンスの考え方を理解して、研究や実務において事業投資や財務政策に関する新たな発見ができることを目指して一緒に勉強しましょう。
松田 康弘(コストマネジメント)
松田 康弘

松田 康弘
准教授、 博士(経済学)京都大学

担当科目
管理会計2、事例研究(管理会計)、プロジェクト調査(コストマネジメント)、プロジェクト研究(コストマネジメント)
Message
会計情報の使われ方が、管理者を含むステークホルダーにどのような影響を与えるかを研究しています。情報がどのように扱われるかを計算構造とともに丁寧に見ていきながら、業績評価と意思決定がどうあるべきかを学んでいきましょう。
吉永 裕登(財務会計)
吉永 裕登

吉永 裕登
准教授、 博士(商学)一橋大学

担当科目
財務会計1、財務会計2、プロジェクト調査(財務会計)、プロジェクト研究(財務会計)
Message
1社1社の財務会計情報をそのまま活用するのではなく、業種ごとや国ごとに平均・合計などして一まとめに「集約(aggregate)」した集約会計情報の情報内容と活用方法に注目して、研究しています。研究を通じて得られた知見も踏まえながら講義をしていきたいと思います。
尾関 規正(財務諸表)
尾関 規正

尾関 規正
講師、 博士(経営学)神戸大学、 公認会計士

担当科目
財務会計3、財務会計の理論と実証、プロジェクト調査(財務諸表)
Message
財務会計の実証研究を主な分野として、特に不正会計をテーマとした研究に取り組んでいます。講義では、会計の専門知識が実務における実践的な場面や会計研究の発展的な内容へつながることのおもしろさを伝えたいと思います。
亀岡 恵理子(監査)
亀岡 恵理子

亀岡 恵理子
講師、 博士(商学)早稲田大学

担当科目
監査1、監査2、プロジェクト調査(監査)
Message
私が専門とする監査の領域は、人・組織が作成した情報やその背後にある行為・プロセスを評価する第三者の立場を扱います。世の中で起きる様々な不祥事について、社会の仕組みを通してこれらにどのように向き合うべきか、研究や教育を通じて考えていきたいと思っています。

実務家教員

大谷 潤(企業法)
大谷 潤

大谷 潤
教授、金融庁派遣

担当科目
企業法1、企業法2、企業開示制度と実務、事例研究(企業法)
Message
会計専門家は、資本市場のゲートキーパーとなるべき人たちです。その意味で、会社法や金融商品取引法など、資本市場に関連する法律の要請を知ることは、会計専門家への道の第一歩と考えられます。近年、様々な改正が行われているこれらの法律について、金融庁での経験も踏まえてお話ししますので、法令が解決を目指している問題点などについて、一緒に学んでいきましょう。
小川 恭史(金融行政)
小川 恭史

小川 恭史
教授、財務省派遣

担当科目
金融行政1、金融行政2、財務行政、事例研究(金融行政)
Message
わが国では少子高齢化が進展し、国の財政や金融機関を巡る環境は厳しさを増しています。このような状況の中で、政府や金融機関がどのような対応を求められ、また、どのように対応しているかについて、財務省などでの勤務経験も踏まえて講義したいと思います。会計専門家として、あるいは有権者として、今できること、今後やるべきことは何か、講義を通じて皆さんに考えていただく機会にできたらと思います。
加藤 暢一(会計職業倫理)
加藤 暢一

加藤 暢一
教授 公認会計士

担当科目
会計職業倫理、事例研究(会計職業倫理)、公会計1、公会計2
Message
会計職業倫理は、プロフェッション、独立性、懐疑心などしっかりと理解する必要性がますます増大しております。公会計は、国、地方公共団体、独立行政法人、国立大学法人、社会福祉法人、医療法人、公益法人、NPO法人など、極めて重要な会計分野です。皆さんにできるかぎり分かりやすくご説明をしてまいりますので、ぜひご一緒に勉強しましょう。
小粥 純子(監査計画・内部統制)
小粥 純子

小粥 純子
教授 公認会計士

担当科目
監査計画の編成法1、監査計画の編成法2、内部統制の実務
Message
監査計画は家を建てる際の設計図、内部統制は家の骨組みに相当するものです。これらをわかりやすくご説明できたらと考えています。
榊 正壽(監査制度)
榊 正壽

榊 正壽
教授 公認会計士

担当科目
監査3、事例研究(監査制度)、監査実務1、監査実務2、英文外書購読b、プロジェクト調査(監査制度)
Message
監査の実務は、グローバル化、IT化が急速に進んでいます。先端テクノロジーを活用した最新の実務に基づいた監査技術や実践的方法論について、事例紹介を含めて紹介・解説していきたいと思います。
千葉 俊徳(法人税法)
千葉 俊徳

千葉 俊徳
教授、国税庁派遣

担当科目
法人税法1、法人税法2、事例研究(法人税法)、プロジェクト調査(法人税法)、プロジェクト研究(法人税法)
Message
企業の経済活動は、それがもたらす課税関係を意識しながら行われています。その課税関係の中核をなす法人税は、会計実務にも大きく関わる存在であり、根拠法である法人税法の様々な規律がどのような理論に拠って立つものかを理解することは、会計専門家にとって大きな意義があります。国税庁などでの税務行政の経験を生かし、新たな租税回避事例や関連する司法判断といった具体的な素材を交えて、実践を想定した理解にも資するよう配意していきたいと思います。
成田 由加里(簿記)
成田 由加里

成田 由加里
教授 公認会計士 公認会計士試験委員

担当科目
簿記1、簿記2、簿記3
Message
資金調達、投資等のビジネスプロセスを意識しながら、簿記の仕組の理解を深めていきます。簿記の考え方の「幹」を太くして、経済の変化に柔軟に対応できる会計力をつけていきましょう。
西村 一幸(原価計算)
西村 一幸

西村 一幸
教授 公認会計士

西村一幸公認会計士事務所所長。日本公認会計士協会会員、東北会法令研究委員会委員、宮城県会幹事。
著書に、ひとりで学べる日商2級工簿(東洋出版,2002)、同商簿(同出版,2002)、最短テキスト建設業経理事務士2級(TAC出版,2002(初版)~2005(5版))、現在、主として監査業務を行っている。

担当科目
原価計算1、原価計算2、原価計算3
Message
生粋の仙台人。平成7年公認会計士登録後、平成9年個人事務所開業。原価計算1から3までで管理会計論の計算の基本を体系的に理解してほしいと思います。FIGHT!!
樋口 尚文(国際会計基準)
樋口 尚文

樋口 尚文
教授 公認会計士

担当科目
IFRS1、IFRS2、事例研究(IFRS)
Message
監査法人勤務から法人の海外提携先の海外事務所への出向を経て帰国し、その後証券会社の引受審査部で国内外企業のファイナンス審査などをしておりました。IFRSの最先端を一緒に勉強しましょう。
樋地 正浩(情報システム設計)
樋地 正浩

樋地 正浩
教授

東北大学大学院情報科学研究科博士後期課程修了。
博士(情報科学)。
(株)日立ソリューションズ東日本主管技師長。
専攻は企業情報システム。
現在、意思決定支援・リスク管理システムの研究開発に従事。
主な研究業績は「不確実な需要のもとでの供給計画のリスク可視化と意思決定支援」(情報処理学会論文誌、2006.3.)。
情報処理学会、電子情報通信学会、ACM、IEEE-CS、他の会員。

担当科目
情報システム設計、事例研究(情報システム設計)、戦略情報システム導入
Message
組織活動に関わるさまざまな情報を管理・処理する情報システムは、組織の競争力を左右する重要な位置を占めています。さらに、ビッグデータや人工知能を始め、新しい技術が次々と登場し、社会に大きな影響を与えています。情報システムとそれを支える情報技術の理解を深め、知識の幅を広げていきましょう。
レイ ローマン(ビジネスコミュニケーション)
レイ ローマン

レイ ローマン
教授

担当科目
ビジネスコミュニケーション1、ビジネスコミュニケーション2、ビジネスプレゼンテーション1、ビジネスプレゼンテーション2
Message
I teach courses on business communication and business presentation, with emphasis on practical skills you can acquire through in-class exercises in a friendly and fun study environment.

国際会計政策コース(IGSAP)の教員についてはこちらをご覧ください。