Tohoku University Logo

Graduate School of Economics and Management /
Faculty of Economics

Tohoku University Logo

東北大学
経済学部大学院経済学研究科会計大学院

若林 緑 (わかばやし みどり)

准教授

略歴

1974年4月
北海道小樽市生まれ
1998年3月
小樽商科大学商学部社会情報学科卒業
2000年3月
大阪大学大学院経済学研究科博士前期課程修了
2003年3月
大阪大学大学院経済学研究科博士後期課程修了
2003年4月
大阪府立大学経済学部専任講師
2006年4月
大阪府立大学経済学部准教授(2006年は助教授)
2013年4月
東北大学大学院経済学研究科准教授

学位

博士(経済学)

現職

准教授

研究分野

社会保障論・福祉経済

研究課題

・消費・貯蓄に関する実証分析

・家族の経済学

授業担当

大学院(演習を除く)医療福祉経済特論

学部(演習を除く)医療福祉経済

主な研究成果

1. Wakabayashi, M. (2001) Retirement Saving in Japan: With Emphasis on the Impact of Social Security and Retirement Payments, Journal of the Japanese and International Economies, 15, 131-159

2. Wakabayashi, M. (2005) Annuitized Asset Adequacy in Japan: The Demand for Individual Pensions, The Review of Income and Wealth, 51(3), 419-442

3. Wakabayashi, M. (2008) The Retirement Consumption Puzzle in Japan, Journal of Population Economics, 21, 983-1005

4. Kureishi, W. and Wakabayashi, M. (2008). Taxing the Stork, National Tax Journal, 61, 167-87.

5. Wakabayashi, M. and Horioka, C. Y. (2009). Is the Eldest Son Different? The Residential Choice of Siblings in Japan, Japan and the World Economy 21 (4),337-348.

6. Kureishi, W. and Wakabayashi, M. (2010) Why Do the First-born Children Live with Their Parents. Japan and World Economy,22 (3), 159–172.

7. Kureishi, W. and Wakabayashi, M. (2011) Son Preference in Japan, Journal of Population Economics, 24 (3), 873-893.

8. Kureishi, W. and Wakabayashi, M.What Motivates Single Women to Save? The case of Japan, Review of Economics of the Household,11(4), 681-704.

その他(受賞歴、顕著な社会貢献など)

科学研究費助成

研究代表者

1. ライフイベントと経済行動:家族の相互扶助機能の観点から

研究期間:2011年4月1日~2016年3月31日(予定)

研究分野:経済政策

研究種目:基盤研究(B)

2. 家族構造の変化と社会保障と労働市場のありかた

研究期間:2007年4月1日~2010年3月31日(終了)

研究分野:経済政策

研究種目:基盤研究(B)

研究分担者

3. 親子の経済関係と社会規範・制度が親子の行動に与える影響に関する国際比較研究  

代表:C Y Horioka(大阪大学)

研究期間:2010年4月1日~2015年3月31日(予定)

研究分野:経済政策

研究種目:基盤研究(B)

4. 日本における世代間移転と親子関係に関する経済分析

代表 HORIOKA C.Y.(大阪大学)

研究期間:2006年4月1日~2009年3月31日(終了)

研究分野:財政学・金融論

研究種目:基盤研究(B)

そのほか

5. 生命保険に関する学術振興助成事業(平成12年度,平成13年度)

メールアドレス

上に戻る