東北大学

東北大学 経済学研究科・経済学部 国際交流支援室 Division of International Education and Exchange
Graduate School of Economics and Management, Tohoku University

在学中の学生の方へ
Current Students

チューターって何?

留学生たちの良きパートナーとして、さまざまな相談に乗ってもらうのが、チューターと呼ばれる学生ボランティアです。

チューターの仕組み チューターの仕組み

  • 目的
  • 入学後間もない外国人留学生に、教育面、研究面、生活面のさまざまな助言を行う制度です。東北大学に在学する学生が、日本語や基礎的な研究の進め方、日常生活について週4時間の援助を行います

  • 対象となる留学生
  • 1.入学後1年以内の大学院学生及び研究生(日本の大学を卒業した者を除く)
    2.上記(1)以外の留学生で教育上特に必要があると認められたもの

  • 基準時間数
  • チューターの活動時間は、週2回とし、各回2時間を原則とします。上限は学期あたり48時間です

    チューター活動内容

    チューターの主な役割は、勉学・研究上の支援、生活上の支援、そして対人関係上の支援の3つに分けられます。ただし対象となる留学生が国費留学生か、私費留学生か、単身で留学しているか、家族を伴って留学しているか、同じ国の留学生の数が多いか少ないか、などによって状況は異なりますので、自分が担当する留学生の置かれている状況をある程度知った上で、留学生が一日も早く日本での生活に慣れ、東北大学での勉学・研究活動を円滑に進められるように支援をして頂ければと思います

    チューターの役割
    日本語・勉学・研究上の支援
    日本語の指導
  • 日本語の補習
  • 留学生の多くは、日本語の問題で悩んでいます。グローバルラーニングセンターの日本語コースなどで 授業を受けている学生もいますが、より多くの日本語学習の機会を求めています。日常会話、漢字の読み書き、質問への答え方など、日本語を「読む」、「書く」、「聞く」、「話す」力の向上をめざした支援を行って下さい。

  • レポート・論文作成支援
  • 留学生が日本語によるレポートや論文の作成で悩む場面も多く見られます。必要に応じて、援助活動を行って下さい。ただし、チューターが留学生の代わりにレポートを書いたり、宿題をやってしまうことは、チューター本来の目的から逸脱した行動になりますので、絶対に行わないようにしあてください。

  • 事務的な事柄の支援
  • 大学での留学生活には、様々な事務的な事柄を処理していかなければなりません。例えば、奨学金の申請、各種証明書発行申請、受験の際の出願書類作成提出などです。掲示を見過ごしたり、書類が不備であったり、さまざまな困難に満ちています。一つひとつ、キチンと対処できるよう支援活動を行って下さい。

    生活上の支援
    生活指導
  • 基本的生活上の支援
  • 交通、銀行、入国管理事務関係、寮あるいはアパートでの生活、電話、電気、ガス、水道など、日常の基本的な事柄をうまく対処することが求められます。必要に応じて支援してください。

  • 困難な問題の連絡相談
  • 経済的な問題やアルバイト、病気、けが、などの問題により留学生が困難状況に陥った場合は、チューターは国際交流支援室、教務係に連絡するなどして、解決の方法を探ってください。チューター自身がひとりで解決をはかろうとせずに、必ず大学に連絡をとってください。

    対人関係上の支援
    生活サポート
  • 他の学生との関係
  • 留学生と他の学生との間でトラブルが生じることもあります。所属するゼミやサークル、先輩、後輩といった関係に留学生が戸惑うこともあります。コミュニケーションの在り方は国や文化によって異なります。また、宗教や時間的・経済的な制約などによって、飲み会やイベントに参加することが難しい留学生もいます。チューターは日常的な接触を通じて、こうした事情を理解し、時には連絡調整役になってあげてください。また、留学生に友人同士を紹介し合うなど、ネットワークづくりをしてあげることも大切です。

  • 学外での人間関係
  • 留学生が、アパートの隣人や大家との問題や、アルバイト先での人間関係に悩むこともあります。 何が問題になっているのか、留学生の話をじっくり聞いてあげることが大切です。まず留学生の立場になって、留学生の気持ちを理解するようにしてください。その上で、問題の正確な状況を把握し、 客観的な視点をもって、留学生と一緒になって考えてあげて下さい。解決が難しい問題については、 支援室や教務係に相談して下さ。

    チューターからのメッセージ

    チューターのお知らせ

     

    チューターを希望する方へ

    外国人留学生でチューターをつけたい人は、オリエンテーション終了後に申込書を経済学部国際交流支援室に提出してください。

    その他 問い合わせ

    経済学研究科 国際交流支援室 (経済学部棟205)
    The Division of International Education & Exchange
    E-mail:diee-keizai@econ.tohoku.ac.jp
    phone:(022) 795-7788
    チューター担当:小林(kobayashi)まで (相談、申込書等の提出など、気軽にどうぞ)