増田 聡 (ますだ さとる)

1.略歴
 1982年 3月 東京大学工学部都市工学科卒
 1987年 3月 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻博士課程修了
 学位 工学博士(東京大学)
 現職 東北大学大学院経済学研究科教授 地域計画担当

2.研究テーマ
 地域計画・都市解析

3.研究課題
 1.防災型土地利用計画の策定過程とリスク・コミュニケーション
 2.都市・地域計画思想の変遷とその実践
 3.空間分析による地域政策評価

4.所属学会
 日本都市計画学会, 日本建築学会, 日本地理学会, 東北地理学会, 地理情報システム学会, 日本都市学会, 応用地域学研究会, 日本オペレーションズ・リサーチ学会, 日本人間工学会

5.学会役員
 地理情報システム学会東北事務局長, 日本建築学会東北支部地方計画部会長

6.学術誌編集委員
 

7.学術誌レフェリー
 日本都市計画学会, 土木学会(土木計画学部門)

8.過去5年間の研究成果

a)著書
 1.「生活関連の被害」(単著) 『2003年5月26日宮城県沖の地震災害調査報告・2003年7月26日宮城県北部の地震災害調査報告』, 日本建築学会, 2004年3月, pp.133-143, pp.293-309, pp.338-340頁
 2.「空間計画における戦後改革とGHQ, 東京オリンピックと首都改造」, 『都市経営の思想』(吉原直樹編・分担執筆), 青木書店, 2000年, pp.88-112, pp.113-136

b)論文
 1.「地震建物被害調査方法の提案:2003年宮城県北部の地震の経験より」(村山良之・柴山明寛・佐藤健・増田聡・松本秀明・平野信一・寺木彰浩・阪田知彦と共著) 東北地域災害科学研究, vol.40, 2004年, pp.49-54
 2.「2003年宮城県北部の地震による旭山丘陵の地盤変状と被害」(平野信一・松本秀明・村山良之と共著), 東北地域災害科学研究, vol.40, 2004年, pp.89-94
 3.「2003年7月26日宮城県北部の地震による災害」(村山良之・平野信一・松本秀明と共著), 『地理』(古今書院), 通巻579号, 2003年11月, pp.43-48
 4.「制度設計のための市民参加型ロールプレイの可能性(仙台市土地利用調整システムに関わる公開ミーティングを事例に)」(鈴木孝男・山田晴義と共 著),『日本建築学会大会学術講演梗概集』(北陸), 2002年8月, pp.745-746
 5.「地方自治体における防災対策と都市計画―防災型土地利用規制に向けて」(村山良之と共著), 『地学雑誌』, Vol.110, No.6, 2001年12月, pp.980-990
 6.「活断層上への防災型土地利用規制の導入可能性: 全国の市および東京特別区の防災と都市計画担当者の意向」(村山良之と共著), 『季刊地理学』, Vol.53 No.1, 2001年3月, pp.34-44
 7.「小地区単位における詳細属性別世帯数の予測」(青木俊明・稲村肇と共著), 『土木学会論文集』, No.646, 2000年4月, pp.27-36
 8.「地区レベルで見た都市の居住特性の変化」(青木俊明・稲村肇・高橋伸輔と共著), 『土木学会論文集』, No.625, 1999年7月, pp.79-88
 9.「活断層上の土地利用規制について考える」(村山良之と共著), 『地形』, Vol.20, No.4, 1999年7月, pp.387-404

c)調査報告書
 1.「宮城県内市町村の地域防災計画の現状と課題」, 『2003年宮城県北部地震シンポジウム報告書』,  自然災害研究協議会, 2004年1月, pp.89-96
 2.『21世紀宮城県建設産業界の課題と展望:行政・企業・住民の3者合意による住民支援型コミュニティ・ビジネスへ』,  (財)宮城県建設総合センター・21世紀型地域創成プログラム特別委員会, 2003年12月
 3.「生活関連の被害」, 『2003年7月26日宮城県北部の地震災害被害速報』, (社)日本建築学会東北支部・日本建築学会災害調査WG,  2003年8月, pp.90-97
 4.「被害概要」, 『2003年5月26日宮城県沖の地震災害被害速報』, (社)日本建築学会東北支部・日本建築学会東北支部災害調査連絡会,  2003年7月, pp.14-17
 5.「地震災害を軽減するための土地利用コントロール」, 『危険情報の開示と地震災害の軽減』, 日本建築学会・地震防災総合研究特別研究委員会,  2003年1月, pp.49-53
 6.「地震災害を軽減化するための土地利用関連施策」, 『大地震を想定した都市防災・復興方策を考える研究会報告』, 日本建築学会,  2002年11月, pp.1-54
 7.「都市防災のための規制・計画・インセンティブ −土地利用調整を事例に−」, 『大地震を想定した都市防災・復興方策を考える研究会報告』,  東北大学災害制御センター,  2002年6月, pp.29-32
 8.『建設業経営者意識調査分析報告書』((財)みやぎ建設総合センター・(社)宮城県建設業協会), 2002年3月
 9.『平成13年度経営実態調査報告書』(東北大学大学院地域計画研究室編), (社)宮城県情報サービス産業協会, 2002年3月
 10.『仙台市土地利用調整システムに関わる公開ミーティング報告書』, 特定非営利活動法人・まちづくり政策フォーラム, 2002年3月
 11.『防災型土地利用規制の導入実態とその政策プロセス』, 平成11〜13年度科学研究費補助金研究成果報告書(基盤研究(C)(2), 研究代表), 2002年3月
 12.『首都機能移転報告書』, 特定非営利活動法人・まちづくり政策フォーラム(北東地域国会等移転みやぎ協議会), 2001年4月
 13.「中国の対外開放政策と地域開発戦略」, 『山東省煙台地域における市場経済化と地域産業の変容に関する研究』(平野厚生編), 平成9〜11年度科学研究費補助金報告書(基盤研究(B)(2)), 2000年9月

d)その他

・雑誌小論
 1.「特区制度の導入を巡って」, 『ひたかみ』, まちづくり政策フォーラム, 2002年8月号
 2.「まちづくりツールとしてのロールプレイ入門: 土地利用調整を事例に」, 『ひたかみ』, まちづくり政策フォーラム, 2003年5月号
 3.「地方都市におけるまちづくりの現場から」, 『建築雑誌』(建築年報2001), Vol.116, No.1477
 4.「地域型シンクタンクの可能性」, 『ひたかみ』, まちづくり政策フォーラム, 2000年5月号
 5.「中心市街地活性化基本計画にみる地域経営の課題」, 『TOKEIREN』, 東北経済連合会, No.398, 2000年3月

9.過去5年間の学会発表・学会に準ずる研究集会・セミナーでの発表
 1.「ニュージーランドにおける防災型土地利用規制:活断層上の土地利用規制の実例より」(村山良之・馬場美智子と共同発表),  『日本地理学会梗概集』, no.64, 2003年10月, p.159
 2.「2003年7月26日宮城県北部の地震による建物被害分布の特徴」(村山良之・平野信一・松本秀明・佐藤健・源栄正人・柴山明寛と共同発表),  日本地理学会秋季学術大会(災害緊急報告ポスターセッション), 2003年10月
 3.「2003年7月26日宮城県北部の地震における木造建物の地域別被害分布」(柴山明寛・久田嘉章・佐藤健・源栄正人と共同発表),  地震工学会年次大会, 2003年11月
 4.「2003年7月26日宮城県北部の地震の建物被害速報」, 地理情報システム学会(P-10), 2003年10月
 5.「2003年7月26日宮城県北部の地震の建物被害速報(1)(2)」(柴山明寛・大田俊一郎・平野信一・松本秀明・村山良之・佐藤健・源栄正人と共同発表),  日本地震学会秋季大会(Ao68, P200), 2003年10月
 6.「2003年7月26日宮城県北部の地震による被害:旭山丘陵周辺の地盤変状と建物被害」(平野信一・松本秀明・村山良之と共同発表),   東北地理学会秋季学術大会, 『季刊地理学』, vol.56(1), 2003年9月, p.54
 7.「ニュージーランドウェリントン県における活断層上の土地利用規制」(村山良之と共同発表),   東北地理学会春季学術大会, 『季刊地理学』, vol.55(3), 2003年5月, pp.211-212
 8.「地震災害を軽減化するための土地利用関連施策」, 日本建築学会「大地震を想定した都市防災・復興方策を考える研究会」(東京・建築会館), 2002年11月1日
 9.「GISと地域づくり: コミュニケーション・ツールとしてのGISの可能性」, 東北地理学会秋季学術大会(弘前大学農学生命科学部), 2002年10月12日
 10.「カリフォルニア州における地震災害地図化プログラムの発足と展開」, 日本地理学会秋季学術大会(金沢大学), 2002年9月27日
 11.「制度設計のための市民参加型ロールプレイの可能性」, 日本建築学会全国大会(金沢大学), 2002年8月2日
 12.「地方都市における都市計画マスタープランの課題」, 都市計画学会創立50周年記念ワークショップ(早稲田大学), 2001年11月17日
 13.「自治体における防災型土地利用規制(土地利用計画)の導入例」, 日本地理学会秋季学術大会(秋田大学), 2001年9月29日
 14.「災害関連情報の公開と都市計画策定過程における利用」, 日本地理学会春季学術大会(敬愛大学), 2001年3月27日
 18.「宮城県仙台市における市民活動・NPO支援の現状と課題について―仙台市市民活動サポートセンター設立までの経緯を中心に」,日本NPO学会年次 大会(キャンパスプラザ京都), 2001年3月20日
 16.「通話トラフィックによる地域構造の視覚化」, 応用地域学会研究発表大会(ディスカッサント)(つくば国際会議場), 2000年12月3日
 17.「地方都市における都市計画マスタープランの課題」, 日本都市計画学会学術研究論文発表会(金沢大学), 2000年11月12日
 18. “International Geograpfical Congress”, Land Use Planning for Hazard Mitigation in Japan(韓国・ソウル・COEX), 2000.08.17
 19.「空間データベース整備の現状と課題」, 空間情報システムワークショップ(東京大学空間情報科学研究センター), 1999年12月4日
 20.「地方都市のマスタープラン」, 日本都市計画学会学術研究論文発表会(慶應大湘南藤沢), 1999年11月13日
 21.「中国経済開発区へ進出する外資系デベロッパーの活動: 山東省煙台経済技術開発区に立地する「煙台聯合発展有限公司」の事例」, 東北地理学会秋季学術大会(リフレ富岡(福島)), 1999年10月23日
 22.「地域防災計画等の改訂と防災型土地利用規制―仙台市の場合」, 日本地理学会秋季学術大会(四国大学), 1999年10月9日
 23.「規制・計画・インセンティブ: 持続可能な社会システムに向けて」, 化学工学会東北サマーシンポジウム(蔵王ロイヤルホテル), 1999年8月23日
 24.「仙台市における土地利用転換について: 都心部土地利用と郊外開発」, 東北都市学会COLLOQUE(仙台都市総研(アエル)), 1999年6月25日

10.過去5年間の海外研究歴
 1.「カリフォルニア州における地震災害地図化プログラム調査(防災型土地利用規制の導入実態とその政策プロセ ス)」, 文部科学省科学研究費補助金・基盤研究(C)(2), 1999〜2001年度
 2.「外資系企業進出が地域の市場経済化に与える諸影響(中国山東省煙台経済技術開発区・中国東北大学他)」, 文部省科学研究費補助金・国際学術研究(研究分担者), 1998〜2000年度

11.過去5年間の外部研究費
 1.「地方中枢都市の発展性を規定するローカリティに関する比較研究」, 文部科学省科学研究費補助金・基盤研究(B)(2)(理学研究科・日野正輝代表, 研究分担者), 2002〜2004年度
 2.「災害リスク下の防災計画と都市計画の策定プロセス」,文部科学省科学研究費補助金・基盤研究(C)(2)(研究代表), 2002-2005年度
 3.「防災型土地利用規制の導入実態とその政策プロセス」, 文部科学省科学研究費補助金・基盤研究(C)(2)(研究代表), 1999〜2001年度
 4.「外資系企業進出が地域の市場経済化に与える諸影響」, 文部省科学研究費補助金・国際学術研究(国際文化研究科・平野厚生代表, 研究分担者),1998〜2000年度

12.過去5年間の学部・大学院担当授業科目
年度 学 部 大 学 院 他学部等 備考(海外出張等)
1999 地域経済, 地域計画演習
大学院コース特別演習(地域・福祉経済)
地域計画特論
地域計画演習(T)
地域計画演習(U)
地域政策特別演習AB
特別問題研究
地理学課題研究
地理学セミナ(理学研究科協力教官)
未来科学技術共同研究センター(兼務)
 
2000 地域計画演習
大学院コース特別演習(地域・福祉経済)
地域計画特論
地域計画演習(T)
地域計画演習(U)
地域政策特別演習AB
特別問題研究
地理学課題研究
地理学セミナ(理学研究科協力教官)
未来科学技術共同研究センター(兼務)
 
2001 地域経済, 地域計画演習
大学院コース特別演習(地域・福祉経済)
地域計画特論
地域計画演習(T)
地域計画演習(U)
地域政策特別演習AB
特別問題研究
地理学課題研究
地理学セミナ(理学研究科協力教官)
未来科学技術共同研究センター(兼務)
 
2002 経済書購読, 地域計画演習 地域計画特論
地域計画演習(T)
地域計画演習(U)
地域政策特別演習AB
特別問題研究
地理学課題研究
地理学セミナ(理学研究科協力教官)
未来科学技術共同研究センター(兼務)
 
2003 地域経済, 地域計画演習 地域計画特論
地域計画演習(T)
地域計画演習(U)
地域政策特別演習AB
特別問題研究
地理学課題研究
地理学セミナ(理学研究科協力教官)
未来科学技術共同研究センター(兼務)
 

13.過去5年間の学外活動

a)非常勤講師等
非常勤講師等 年度 大学・学部名 科目名
非常勤講師 1998〜2001 東北自治研修所 東北6県中堅職員研修
非常勤講師 1998〜1999 東北科学技術短期大学 環境情報システム
非常勤講師 1999 福島市職員研修所講師 まちづくり講座
非常勤講師 1999〜2003 宮城大学・事業構想学部 都市事業,都市事例演習
非常勤講師 2000 東北地方建設局職員研修講師 都市政策のアカウンタビリティ
非常勤講師 2001〜2003 岩手県立大学・総合政策学部 土地政策論
客員教授 2001〜2003 東京大学・空間情報科学研究センター  

b)学外委員
 1.仙台市公益活動促進委員会委員, 2003年度〜, 仙台市市民局
 2.(仮称)松森工場関連市民施設PFI事業者選定委員会委員長, 2003年度, 仙台市環境局
 3.地域防災会議専門委員, 2002〜2003年度, 宮城県総務部消防防災課
 4.開発審査会委員, 2002年度〜, 宮城県土木部建築宅地課
 5.開発審査会委員, 2001年度〜, 仙台市都市整備局建築指導課
 6.都市計画審議会委員, 2000年度〜, 仙台市都市整備局都市計画課
 7.特別土地保有税審議会委員, 1999年度〜, 仙台市財政局資産税課
 8.名取市環境審議会委員, 1999年度〜, 宮城県名取市

c)公開講座・講演
 1.「地震災害を軽減するための土地利用コントロール」, 2002年度, 日本建築学会・地震防災総合研究特別研究委員会
 2.「コミュニケーション・ツールとしてのGISの可能性」, 2002年度, (財)全国国土調査協会・地理情報システム学会
 3.「都市防災のための規制・計画・インセンティブ:土地利用調整を事例に」, 2002年度, 東北大学災害制御センター
 4.「都市再生への展望と課題」, 2001年度, 東北大学教育学研究科・大学教育開放センター
 5.「地域社会基盤としてのGISの可能性」, 2001年度, 東北GIS研究会(地理情報システム学会・国土地理院)
 6.「首都機能移転の議論が明らかにしたこと」, 2000年度, 福島県企画調整室
 7.「まちづくりセミナー」, 1999年度, 古川青年会議所