経済学部建物中善並木仙台市内

ニュース

[2018年4月13日]
祝入学 学部生290名、院生43名が入学
[2018年4月2日]
卒業記念祝賀会
[2018年3月28日]
東京地区経和会 新社会人歓迎会のご案内
平成30年度 経和会 全国総会/東京地区総会のご案内
平成30年度 経和会 仙台地区総会のご案内
[2018年1月15日]
第28回(平成29年度 第2回)東京地区交流セミナーのご案内
[2017年10月4日]
東北大学経済学部 第11回ホームカミングデー 開催!!
[2017年8月28日]
東北大学経済学部 第11回ホームカミングデー ご案内
[2017年6月19日]
平成29年度経和会 全国総会/仙台地区総会
[2017年6月5日]
平成29年度 東京地区経和会 納涼交流会のご案内
[2017年4月10日]
新入生オリエンテーション 学部生288名、院生54名が入学
[2017年4月1日]
卒業記念祝賀会開催
平成29年度 経和会 全国総会/仙台地区総会のご案内

[2018年4月13日]

祝入学 学部生290名、院生43名が入学

 4月4日(水)に全学の入学式があり、経済学部には新入学275名、編入学15名、大学院43名が入学した。4月5日(木)に経済学部の新入生オリエンテーションが教務係の司会により行われた。
新入生のほぼ全員が集合し、会場は満杯であった。新入生は皆新しい学生生活の始まりに真剣なまなざしで臨んでいた。
 照井伸彦学部長から挨拶があり、先ず経済学部における教育の特徴として、①経済と経営の融合教育、②ゼミ演習に見られる少人数教育、③大学院教育との連携が挙げられた。次に新入生に期待するところとして、「世の中はサービス産業が主体となり、グローバル化が進展している。このような中では幅広い知識に裏づけられた個人の能力が問われる知識社会となっている。諸君には専門的知識と柔軟な思考力を身につけ、生涯にわたって学び続けるスタートとして欲しい。また、協調性とコミュニケーション力も磨いてほしい。」との挨拶があった。続いてクラス担任教員の紹介、カリキュラムの説明があった。
 短い時間ではあるが、経和会の紹介も行い、4月1日に発行したばかりの会報69号を全員に配り、新入生も経和会の会員であることを認識してもらった。
 また、ゼミ協主催(経和会後援)の新入生歓迎会が4月12日に行われた。

写真
挨拶する照井学部長
写真
満席となった第1講義室

[2018年4月2日]

卒業記念祝賀会

 平成30年3月27日(火)に仙台市体育館で卒業式が行われ、経済学部では、学部生247名、大学院生69名が大学を巣立っていった。式の後に仙台ガーデンパレスで卒業記念祝賀パーティーが開催され、参加した150名の卒業生の顔はどれもこれから世界に羽ばたく希望に満ちていた。和服姿の女性卒業生が華やかさを添えて盛り上がりを見せた。
川端教授の司会で始まり、照井伸彦経済学部長から知識社会に生き抜くにあたり卒業後も幅広い知識を身につけるよう努力すべき旨の挨拶があった。来賓挨拶(児玉治正仙台地区経和会会長、神部光崇経和会記念財団代表理事)のあと守副学部長のご発声で乾杯を行い、歓談に入った。
 途中で卒業生10名への「演習論文優秀賞」表彰式、章胤杰氏への「経和会記念財団優秀論文賞」表彰式と記念写真の撮影があった。
その後、卒業後も経和会の窓口となる第93回ゼミ学年幹事が紹介され、照井会長を囲んで記念写真撮影をした。続いて萩友会第111期幹事を委嘱された林健吾氏、田中祐希氏の紹介があり、照井学部長から信任状が交付された。
 この日を最後に同期の仲間やゼミの恩師と離れ離れになるので、卒業生はそれぞれ壇上や会場の所々に集まり、記念写真を撮っていて、いつまでもフラッシュが会場のあちらこちらで焚かれていた。
最後に東北大学校友歌「緑の丘」と学生歌「青葉もゆるこのみちのく」が流れる中それぞれに別れを惜しんだ。
三宅副学部長が閉会を宣し盛会のうちに終了した。

写真
挨拶する照井学部長
写真
来賓挨拶する児玉仙台地区経和会会長
写真
来賓挨拶する
神部経和会記念財団代表理事
写真
祝賀会場
写真
演習論文優秀賞の受賞者と照井学部長
写真
経和会記念財団優秀論文賞を受賞した章胤杰氏と財団代表ら
写真
経和会ゼミ学年幹事の面々と照井経和会会長

[2018年3月28日]

東京地区経和会 新社会人歓迎会のご案内

このたび初の試みとして、東京地区での新社会人歓迎会を下記要領で開催します。
なお、平成年代の在京卒業生の申込もお待ちしております。

日 時 2018年5月19日(土)17:00〜20:00
場 所 「パパミラノ・サピアタワー店」サピアタワービル2F
住所・・・東京都千代田区丸の内1−7−12
TEL・・・0800-100-1930
参加費 新社会人・・・無料招待
平成年代 在京卒業生・・・2,000円
申込締切日 5月14日(月)

<参加連絡先>

事務局長 阿部孝
E-mail:abetaka6@gmail.com
ショートmail:090-9107-8111
氏名/ゼミ名/勤務先/当日の連絡先をお知らせ下さい。

[2018年3月28日]

平成30年度 経和会 全国総会/東京地区総会のご案内

平成30年度の経和会 全国総会/東京地区総会を下記要領で開催します。
会員の皆様の参加をお待ちしています。
日時:平成30年6月16日(土)15:00~(受付14:30~)
場所:学士会館 住所:東京都千代田区神田錦町3-28
電話:03-3292-5936

プログラムは以下の通りです。

第1部 経和会 全国総会/東京地区総会
第2部 記念講演
講師: 田中俊一氏(前原子力規制委員会委員長
昭和42年東北大学工学部原子核工学科卒・工学博士)
演題: 福島第一原子力発電所の事故の概要と福島のこれから
第3部 懇親会
時間:17:30〜19:00
参加費: 8,000円(前納7,000円、平成22~29年卒3,000円、新卒者ご招待)

<参加申込方法>

  1. 申込先: こちらのフォームより
    経和会への電話・FAX・メールでもOKです。
    TEL・FAX:022-795-6312  メール:keiwakai@bh.wakwak.com
  2. 申込期限:平成30年6月6日(水)

ご不明の点は東京地区経和会阿部事務局長(E-mail:abetaka6@gmail.com
携帯電話:090-9107-8111)にお問い合わせ下さい。


[2018年3月28日]

平成30年度 経和会 仙台地区総会のご案内

平成 30 年度の経和会 仙台地区総会を下記要領で開催します。
会員の皆様の参加をお待ちしています 。
日時:平成30年6月4日(月)18:30~21:00
場所:パレスへいあん 住所:仙台市青葉区本町1-2-2
電話:022-265-5111

プログラムは以下の通りです。

第1部 経和会 仙台地区総会
第2部 記念講演
講師: 長谷川史彦氏(東北大学未来科学技術共同研究センター長)
演題: 次世代移動体システムの社会実装と地域貢献
第3部 懇親会
時間:19:30~21:00
参加費: 5,000円(学生 3,000円)

<参加申込方法>

  1. 申込先:経和会宛下記の点をお知らせ下さい
    氏名、卒業年次、ゼミ名、住所、電話、勤務先
    経和会電話・FAX: 022-795-6312
    メール:keiwakai@bh.wakwak.com
  2. 申込期限:平成30年5月24日(木)

ご不明の点は経和会事務局(TEL 022-795-6312)にお問い合わせください。


[2018年1月15日]

第28回(平成29年度 第2回)東京地区交流セミナーのご案内

本年度第2回目の東京地区交流セミナーを下記要領で開催します。
会員の皆様の多数の参加をお待ちしております。

日 時 2018年 2 月15日(木) 18:15 ~19:50(約70分の講演後質疑応答)
場 所 東北大学東京分室A/B会議室(サピアタワービル 10F)東京駅北(日本橋口)
住所…東京都千代田区丸の内1-7-12
電話…03-3218-9612
(参加者は当日3F受付カウンターにて入退室用セキュリティーカードを受領願います)
講 演 講師: 原田一之氏 京浜急行電鉄株式会社 取締役社長
演題: 「京急電鉄120周年を迎えて」
参加費(会場費):1,000円(なお参加人員は収容人数の制約から先着60名です)
懇親会 場所: 場所:「パパミラノ・サピアタワー店」 サピアタワービル2F TEL:03-5222-5150
会費: 3,000円

<参加連絡先>

(電話、FAX, E メールなどにより以下のいずれかにお願いします)

  1. 各卒業年次の代表幹事または役員
  2. 事務局 阿部孝 abetaka6@gmail.com
  3. 東北大学東京分室(FAXのみ) 03-3218-9613

[2017年10月4日]

東北大学経済学部
第10回ホームカミングデー 開催!!

 9月30日(土) 午後2時30分から川内キャンパスにおいて開催され、190人が参加した。従来卒業50・45・40・30・20周年の5学年を節目年次として毎年参加を呼び掛けてきたが、若手の活動参加を目指して、今年は新たに卒業10周年(平成19年卒)も加えて盛り上げを図った。

<第1部 講演会>

 第1部は川内南キャンパスの経済学部第2講義室にて高浦准教授の司会でスタートした。先ず三宅副学部長から挨拶があり、経和会並びに記念財団から経済学部研究科・経済学部に対する日頃の支援に対する謝意が示された。続いて講演会講師の佐々木公明氏の紹介があった。
 佐々木公明氏は㈻尚絅学院理事長・学院長ので、昭和42年3月経済学部芳賀ゼミの卒業生である。演題は「地域交通と住民の幸福」であった。大要は以下の通り。
 「幸福」の要素は家族・金銭・仕事・友人・自由度等7つあるという説など、尺度は様々だが、これを支えるものとして「交通」は重要な役割を果たしている。「交通」そのものが目的物ではなく、派生的に利用されるものでありながら、これがうまくいかないと主目的の「幸福」もうまく進まないという関係にある。買物難民、通勤地獄、通院・通学問題等は「交通」の不十分さで「幸福」が阻害されている実例である。それなのに「交通」の重要性が十分には認識されていない。
 一方、近年新幹線や自動車道路などが急速に発達してきたが、これらは、高齢者や車免許を持たない人にとっては無用であったりするなど、交通手段は個人の潜在能力によって満足度が異なる。宮城県内各地の実例をみても、交通弱者と強者ではその満足度に大きな差異があり、例えば登米市は合併によって面積が拡大して通院などに要する交通量が大幅に増えたにもかかわらず、公共交通手段がほとんどなく、バスなどの運行頻度の改善が求められている。
 買物、通院、趣味など人々の幸福にとって地域交通がいかに大事かを改めて強調したい。

写真1
講演する佐々木公明氏
写真2
講演会場の様子

<第2部 交流会>

 交流会は会場を移して午後4時から北キャンパスにある生協レストラン 川内の杜ダイニングで酒井仙台地区常任幹事の司会のもと始まる。
 経済学部長(経和会長)の照井伸彦氏から歓迎挨拶経済学部の近況説明があった。次に神部光崇経和会記念財団代表理事から財団の状況説明と寄附を依頼する挨拶があり、続いて仙台地区経和会会長の乾杯の音頭で賑やかな交流会がスタートした。
 会場に集まった教員・学生・卒業生はなごやかに交流し、お互い親睦を深めあい東北大学経済学部の絆を強めた。出し物として東北大学応援団による演舞が披露され、参加者は久しぶりに大学の雰囲気に浸った。途中卒業50・45・40・30・20・10周年となる年次代表と学生代表とが挨拶した。終盤に、全員で学生歌「青葉もゆるこのみちのく」を合唱し、最後に白川由利枝氏による恒例の「伊達の一本締め」で締めくくった。

写真3
歓迎挨拶する照井経済学部長
写真4
乾杯音頭をとる児玉仙台地区経和会会長
写真5
盛り上った交流会場
写真6
参加者と学生との交流も多くみられた

[2017年8月28日]

東北大学経済学部
第11回ホームカミングデー ご案内

 経済学部主催(経和会共催)によるホームカミングデーが9月30日(土)に開催されます。今回のプログラム内容を下記にご紹介します。詳細は9月4日に発行予定の会報に同封される案内チラシをご覧下さい。全国から大勢の会員が参加されることをお待ちしています。
 ことしは東北大学創立110周年にあたります。萩友会(全学同総会)では2日間にわたってイベントが開催されます。9月30日(土)~10月1日(日)

経済学部ホームカミングデー

開催日時:
平成29年9月30日(土)14:30~17:45
開催会場:
講演会/東北大学経済学部第2講義室(川内南キャンパス)
交流会/生協食堂 川内の杜ダイニング(川内北キャンパス)

プログラム

第1部  講演会(14:30〜15:30)
講師:尚絅学院理事長・学院長 佐々木公明氏(昭和42年卒)
演題:
「地域交通と住民の幸福」
第2部  交流会(16:00〜17:45)
立食パーティー
参加費:3,000円(学生1,000円)
なお、卒業50・45・40・30・20・10周年となる卒業生には優遇措置あり
(昭和42・47・52・62・平成9・19年卒の方は1,000円割引)
参加申込先
経済学部総務係
FAX:022-795-6270
E-mail:eco-syom@grp.tohoku.ac.jp
氏名、連絡先、卒業年次、ゼミ名、講演会・交流会別の出欠をご記入の上ご連絡下さい。

[2017年6月19日]

平成29年度経和会 全国総会/仙台地区総会

仙台で盛大に開催!!

総会の部

 去る6月12日(月)仙台駅近くのパレスへいあんで平成29年度経和会全国総会と仙台地区総会が合わせて開催された。参加者数は173名だった。
 仙台地区常任幹事の須田直樹氏(平成4年卒)の司会で開始された。
 最初に照井伸彦新会長から経和会・経済学部の近況等を交えた挨拶があった。
 経済学部の近況としては、国立大学法人第2期中期目標期間(H22-27)における目標達成状況の評価において、この間、震災復興研究センター、サービス・データ科学研究センター、高齢経済社会研究センターと3つのセンターを設置したことなどが評価され、前期の第1期に比べて大きく改善した。また、最近の取組では、東北大学が社会的課題に応える戦略的研究として推進する「社会にインパクトある研究」として、藤本先生代表の「人々が光り輝く地域社会の創造」プロジェクト、吉田先生代表の「少子高齢社会から心豊かな長寿社会の創造」プロジェクトが認定され、これらが新機軸となることを期待していると述べた。
 その後議案審議に入り高橋事務局長から総会(全国)議案、仙台地区総会議案の説明があり、共に出席者の拍手で承認された。

写真1
総会場の様子

記念講演の部

 「ビッグデータがもたらす超スマート社会」という演題で照井会長(経済学部長)から以下の様な記念講演があった。
 近年、デジタルデータの量が急増し、ビッグデータが出現した。
 IT技術の発展とともに指数的に増え続けるビッグデータは、経済分野では市場の予測、個別化広告としてのレコメンデーション等に活用されている。
 ビッグデータの活用は、第5期科学技術計画で掲げられた「超スマート社会」の実現に不可欠であり、第4次産業革命とも呼べるものである。
 新しい分析技術としてテキスト解析も発展し、経済学部で学ぶ従来の統計学・計量経済学で解決できる問題は縮小している。これらの新しい分析技術を駆使してイノベーションに資する人材としてデータサイエンティストがあり、東北大学では、データ科学国際共同大学院を設置、この人材育成に取り組んでいる。

写真2
講演する照井学部長

懇親会の部

 懇親会は会場を変えて仙台地区常任幹事の酒井紀章氏(平成5年卒)が司会をして、奥山仙台市長(昭49年)、経和会記念財団代表理事の神部光崇氏(昭50年)の挨拶に続いて、仙台地区会長の児玉治正氏(昭47年)による乾杯で始まった。

 卒業年次ごとに配置されたテーブルに集まりお互いの元気を確認し話が弾む。
 その後、遠方より参加した会員を代表して東京地区の永松恵一氏(昭42年)、学生代表等が挨拶した。
途中で、東北大学男声合唱団による合唱の披露があり、参加者は懐かしい歌声の中で歓談した。
終盤で校友歌「緑の丘」を合唱団のリードで歌い、続いて東北大学学生歌「青葉もゆる」を全員で大合唱した。 最後は白川由利恵氏(昭58年)の音頭による「伊達の一本締め」で締めくくった。

写真3
挨拶する奥山仙台市長
写真4
乾杯音頭をとる児玉仙台地区経和会会長
写真3
懇親会場
写真4
OBと学生の話もはずむ

[2017年6月5日]

平成29年度 東京地区経和会 納涼交流会のご案内

本年度の東京地区経和会の納涼交流会を下記要領で開催します。
会員の皆様の多数の参加をお待ちしております。

開催日時:平成29年7月1日(土) 受付16:30
開催会場:学士会館(東京都千代田区神田錦町3-28  TEL 03-3292-5936)
参加:6,000円(平成22~28年学部卒4,000円、新卒者・学生ご招待)

講演会プログラム
  1. 会長挨拶17:00
  2. 講演17:15〜18:20
    *講師: 阿部 勉 (昭和57年卒、金田ゼミ)
    *「文化としての映画、産業としての映画」
  3. 懇親会18:30〜20:00
    ・テノール独唱  これがテノールだ!小松正佳氏(昭和46年卒、村岡ゼミ)
    ・名刺交歓   (19:30 中締め)

<参加申込方法>
詳細はコチラ


[2017年4月10日]

新入生オリエンテーション
学部生288名、院生54名が入学

 4月5日に全学の入学式があり、経済学部には新入学272名、編入学16名、大学院54名が入学した。4月6日(木)に経済学部の新入生オリエンテーションが教務係の司会により行われた。
新入生のほぼ全員が集合し、会場は満杯であった。新入生は皆新しい学生生活の始まりに真剣なまなざしで臨んでいた。
 照井伸彦学部長から挨拶があり、先ず経済学部における教育の特徴として、①経済と経営の融合教育、②ゼミ演習に見られる少人数教育、③大学院教育との連携が挙げられた。次に新入生に期待するところとして、「世の中はサービス産業が主体となり、グローバル化が進展している。このような中では幅広い知識が求められる知識社会となっている。諸君には未来への洞察力とともに知識と柔軟な思考力を身につけて欲しい。また、協調性とコミュニケーション力も必要である。」との挨拶があった。続いてクラス担任教員の紹介、カリキュラムの説明があった。
 短い時間ではあるが、経和会の紹介も行い、4月1日に発行したばかりの会報67号を全員に配り、新入生も経和会の会員であることを認識してもらった。
 また、ゼミ協主催の新入生歓迎会(経和会後援)が4月13日に、国際交流支援室主催の新入留学生懇親会/お花見(経和会後援)が4月22日に行われる。

写真
挨拶する照井学部長
写真
満席となった第1講義室

[2017年4月1日]

卒業記念祝賀会開催

 平成29年3月24日(金)に仙台市体育館で卒業式が行われ、経済学部では、学部生279名、大学院生58名が大学を巣立っていった。式の後に仙台ガーデンパレスで卒業記念祝賀パーティーが開催され、参加した188名の卒業生の顔はどれもこれから世界に羽ばたく希望に満ちていた。和服姿の女性卒業生が華やかさを添えて盛り上がりを見せた。
泉田教授の司会のもと、秋田次郎経済学部長挨拶、来賓挨拶(児玉治正仙台地区経和会会長、神部光崇経和会記念財団代表理事)のあと増田副学部長のご発声で乾杯を行い、歓談に入った。
途中で学生10名への「演習論文優秀賞」表彰式、王珊氏への「経和会記念財団研究奨励賞」表彰式と記念写真の撮影があった。
その後、卒業後も経和会の窓口となる第92回ゼミ学年幹事が紹介され、秋田会長を囲んで記念写真撮影をした。続いて萩友会学生幹事を委嘱された豊島健太君、八幡優佳さんの紹介があり、秋田学部長から信任状が交付された。
 この日を最後に同期の仲間やゼミの恩師と離れ離れになるので、卒業生はそれぞれ壇上や会場の所々に集まり、記念写真を撮っていて、いつまでもフラッシュが会場のあちらこちらで焚かれていた。
最後に東北大学校友歌「緑の丘」と学生歌「青葉もゆるこのみちのく」が流れる中それぞれに別れを惜しんだ。
三宅副学部長が閉会を宣し盛会のうちに終了した。

写真
挨拶する秋田学部長
写真
来賓挨拶する
児玉仙台地区経和会会長
写真
来賓挨拶する
神部経和会記念財団代表理事
写真
祝賀会場
写真
演習論文優秀賞の受賞者と秋田学部長
写真
経和会記念財団研究奨励賞を受賞した王珊氏と財団代表ら
写真
経和会ゼミ学年幹事の面々と秋田経和会会長

[2017年4月1日]

平成29年度 経和会 全国総会/仙台地区総会のご案内

平成29年度の経和会 全国総会/仙台地区総会を下記要領で開催します。
会員の皆様の参加をお待ちしています。

平成29年6月12日(月)18:30〜21:10
パレスへいあん 住所:仙台市青葉区本町1-2-2
電話:022-265-5111

プログラムは以下の通りです。

第1部 経和会 全国総会/仙台地区総会
第2部 記念講演
講師: 照井伸彦氏(東北大学大学院経済学研究科長・経済学部長)
演題: ビッグデータがもたらす超スマート社会
第3部 懇親会
時間: 19:40〜21:10
参加費: 5,000円(学生3,000円)
    

<参加申込方法>

  1. 申込先: こちらのフォームより
    経和会への電話・FAX・メールでもOKです。
    TEL・FAX:022-795-6312  メール:keiwakai@bh.wakwak.com
  2. 申込期限:平成29年6月5日(月)