経済学部建物中善並木仙台市内

ニュース

[2019年12月16日]
第32回 (本年度第2回)交流セミナーのご案内
[2019年10月18日]
令和元年度「経和会東海支部総会・懇親会」開催のご案内
[2019年10月18日]
令和元年度「経和会東海支部総会・懇親会」開催のご案内
[2019年10月15日]
東北大学経済学部 第13回ホームカミングデー 開催!!
[2019年7月24日]
東北大学経済学部第13回ホームカミングデーのご案内
[2019年6月24日]
令和元年度経和会 全国総会/仙台地区総会
[2019年5月10日]
2019年度 東京地区経和会 納涼交流会のご案内
[2019年4月2日]
祝卒業
[2019年3月27日]
2019年度 経和会 全国総会/仙台地区総会のご案内
東京地区経和会 首都圏トンペー経済学部の会

[2019年12月16日]

第32回 (本年度第2回)交流セミナーのご案内

東京地区経和会会長 福島一秀

経和会の皆様におかれましては、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
さて、本年度第2回目の交流セミナーを下記の通り開催致しますのでご案内申し上げます。
今回は七十七銀行取締役頭取の小林英文氏を講師にお迎えし、同行の地方創生に向けた取組みについてご講演いただきます。
 地方銀行は、地域に根差した金融サービスの提供を通じて地域経済の発展に貢献しており七十七銀行も先の東日本大震災からの復興を始め様々な支援を実施されております。一方、東北の地域経済がなかなか活力を取り戻せていない状況の中、資金需要の低迷や超低金利の長期化により厳しい経営環境にさらされており、収益力の維持向上が課題となっております。
そのような流れの中で、東北のリーディングバンクとして地方創生に向けた七十七銀行の具体的な取組みや今後の構想をご紹介いただきます。
会員の皆様には万障お繰り合わせのうえ多数ご参加いただけますようお願い致します。

  1. 日時:2020年2月10日(月) 18:30 ~19:45(約60分の講演後質疑応答)
  2. 場所:東北大学東京分室A/B会議室(サピアタワービル 10F)東京駅北(日本橋口)
    住所…東京都千代田区丸の内1-7-12 電話…03-3218-9612
    (参加者は当日3F受付カウンターにて入退室用セキュリティーカードを受領願います)
  3. 参加費(会場費):1,000円(なお参加人員は会場収容キャパの制約から先着60名です)
  4. 講師:小林英文氏 七十七銀行 取締役頭取(S56年卒、杉本典之ゼミ)
  5. 演題:「七十七銀行の地方創生に向けた取組み(仮題)」
  6. 講師略歴:
    1981年3月 東北大学経済学部経営学科卒業
    同年 4月 七十七銀行 入行
    2010年6月 取締役総合企画部長
    2014年6月 常務取締役本店営業部長
    2017年6月 取締役副頭取
    2018年6月 取締役頭取(現職)
    講師
  7. 懇親会:
    場所:「パパミラノ・サピアタワー店」サピアタワービル3F Tel:03-5222-5150
    会費:3千円
  8. 参加連絡先:(Eメール、FAXなどにより以下のいずれかにお願いします)
    * 各卒業年次の代表幹事または役員
    * 事務局 阿部孝 abetaka6@gmail.com
    * 東北大学東京分室(FAX のみ) 03-3218-9613(FAX 用紙はこちらからダウンロード

[2019年10月18日]

令和元年度「経和会東海支部総会・懇親会」開催のご案内

拝啓 秋深まる今日この頃ですが、会員の皆様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
平素は経和会の諸活動にご理解・ご協力をいただき、誠にありがとうございます。
さて、毎年恒例となっております懇親会を下記のとおり開催いたします。本年は経和会本部より、山﨑喜代宏准教授(経営戦略)をご来賓にお招きいたします。
ご友人をお誘いあわせの上、ぜひ多数の会員の方にお集まりいただき、ぜひ久々に仙台の話を肴に盛り上がりましょう。

日時:令和元年 11月8日(金)19:00 ~

遠隔地からお越しになる方を想定し、少し遅めの開始時間にしております。趣旨ご理解ください。

場所:北京料理 百楽 名古屋店15階 (JR名古屋駅そば、昨年と同じ場所です。)

〒450-0002 名古屋市中村区名駅4-6-23 第3堀内ビル15F
TEL: 052-581-1511
URL: http://www.hyakuraku.com/index.html

会費:

平成10年卒以前8,000円
平成11年卒以降5,500円
女性会員4,000円

※若手・女性の会員の参加を促進するため傾斜料金といたしております。
主旨ご理解、よろしくお願いいたします。

参加申込締切:10月26日(金)

メールにてご返信ください。
出席を希望される方には個別にコンタクトを取らせていただきます。

連絡先等:

東海経和会 会長&事務局
菅原 聡 (S52年卒)
TEL(携帯):080-1627-5708
email:shu-ha-ri@hm.aitai.ne.jp


[2019年10月15日]

東北大学経済学部
第13回ホームカミングデー 開催!!

 9月28日(土) 午後3時から川内キャンパスにおいて開催され、185人が参加されました。卒業50・45・40・30・20・10周年の年次の方々も数多く参加され、今年も大変盛り上がりました。

<第1部 講演会>

 第1部は川内南キャンパスの経済学部第2講義室にて山﨑喜代宏准教授の司会でスタートしました。まず、照井伸彦研究科長・経済学部長からご挨拶があり、教育の国際化や新たに開始される理系入試など経済学部の近況について説明があり、続いて講演会講師の種橋牧夫氏の紹介がありました。
 種橋牧夫氏は東京建物株式会社代表取締役会長で、昭和54年3月経済学部の卒業生であります。「新時代のビル事業を展望する」の演題で、大要は以下の通りとなります。
 官民連携によるまちづくりの例として、日本初の区本庁舎一体型のマンションとなった「としまエコミューゼタウンBrillia Tower 池袋」および旧豊島区庁舎跡地開発について事業スキームや開発コンセプトからエリアマネジメントの取り組みまで詳細な説明がありました。
 次に、新しいまちづくりの形として、プレフォレストという試みが紹介されました。千葉県君津市にて樹木や地被類を仮植えして、その意匠性・維持管理性・安全性などを検証してから、それをそのまま大手町に移設するという取り組みです。
 最後に、東京建物株式会社の本拠地である八重洲・日本橋・京橋エリアにイノベーション拠点を設け、大企業とスタートアップ企業の出会いの場所にするというコンセプトで作られた空間が紹介されました。その他、SDGs(持続可能な開発目標)に関する活動についても触れられました。

写真
ご挨拶される照井研究科長・経済学部長
写真
司会進行の山﨑准教授
写真
講演される種橋牧夫氏
写真
講演される種橋牧夫氏
写真
講演会を聞く会員の皆様

<第2部 交流会>

 交流会は、午後4時15分から北キャンパスにある生協レストラン「川内の杜ダイニング」に会場を移して、酒井仙台地区常任幹事の司会のもと始まりました。
 経和会会長でもある照井伸彦研究科長・経済学部長から歓迎挨拶および経和会並びに記念財団から経済学部研究科・経済学部に対する日頃の支援に対する謝意が示されました。次に神部光崇経和会記念財団代表理事から財団の状況説明と寄附を依頼する挨拶があり、続いて仙台地区経和会会長の丹野光明氏の乾杯の音頭で賑やかな交流会がスタートしました。
 会場に集まった教員・学生・卒業生はなごやかに交流し、お互い親睦を深めあい東北大学経済学部の絆を強めていました。途中、名誉教授の堀元氏、佃良彦氏からお言葉をいただきました。また、卒業50・45・40・30・20・10周年となる年次代表と学生代表が挨拶をされました。終盤に、全員、元応援団長相沢利之氏のエールで、学生歌「青葉もゆるこのみちのく」を合唱し、最後に白川由利枝氏による恒例の「伊達の一本締め」で締めくくりました。

写真
交流会でご挨拶される照井研究科長・経済学部長
写真
来賓ご挨拶をする神部経和会記念財団代表理事
写真
乾杯のご発声の丹野仙台地区経和会会長
写真
ご挨拶される堀名誉教授
写真
ご挨拶される佃名誉教授
写真
50周年卒業の皆様
写真
45周年卒業の皆様
写真
40周年卒業の皆様
写真
30周年卒業の皆様
写真
20周年卒業の皆様
写真
10周年卒業の皆様
写真
学生代表の皆様
写真
ゼミ協学生による募金のお願い
写真
交流会全体の様子
写真
相沢氏(S63年卒)のエールと学生歌合唱
写真
仙台地区経和会白川副会長による伊達の一本締め
写真
吉田教授からご提供の鉄道模型

[2019年7月24日]

東北大学経済学部第13回ホームカミングデーのご案内

 経済学部主催(経和会共催)のホームカミングデーは、令和元年9月28日(土)、同窓生・在校生・教職員の交流の場として開催されます。
「同窓生の皆様に、久しぶりに母校に帰って、当時の思い出を懐かしんでいただき、またそれを後輩の皆様にも引き継いていただきたい」という思いを原点に、令和初年度にあたる今年度も大いに盛り上がりが期待されています。
 以下の通り実施いたします。皆様のご参加をこころよりお待ちしております。

■日時
令和元年9月28日(土)
<第一部>
講演会 15:00~16:00
【会場】 東北大学経済学部 第2講義室(川内南C)
【講師】 東京建物株式会社 代表取締役会長
       種橋 牧夫氏(昭和54年卒)
【演題】 「新時代のビル事業を展望する」
<第二部>
交流会 16:15~17:45
【会場】 生協食堂 川内の杜ダイニング(川内北C)
【参加費】3,000円(卒業50・45・40・30・20・10周年の方は、2,000円)
     学生は1,000円
<申込先>
東北大学経済学部総務係
【TEL】 022-795-6263
【FAX】 022-795-6270
【メール】eco-syom@grp.tohoku.ac.jp
氏名・連絡先・卒業年次・ゼミ名及び講演会・交流会別の出欠をご記入の上、お申込みをお願いいたします。

チラシはコチラ


[2019年6月24日]

令和元年度経和会 全国総会/仙台地区総会
仙台で盛大に開催!!

総会の部

 去る6月10日(月)仙台駅近くのパレスへいあんで令和元年度経和会全国総会と仙台地区総会が開催された。参加者数は154名だった。
 仙台地区常任幹事の酒井紀章氏(平成5年卒)の司会で開始された。
 最初に照井伸彦会長からご挨拶があり、経和会・経済学部の近況等に加え、入試の動向や経和会財団の近況等について述べられた。その後議案審議に入り、橋浦事務局長から全国総会議案、仙台地区総会議案の説明があり、共に出席者の拍手で承認された。

写真
司会は酒井紀章(平成5年卒)仙台地区常任幹事
写真
照井伸彦経和会会長のご挨拶
写真
橋浦隆一(平成2年卒)事務局長から議案説明
写真
順調に議事が進行してます

記念講演の部

 「創造と変革を先導する東北大学」という演題で東北大学総長大野英男氏から記念講演があった。概要は、以下の通り。
 大学の変革に向け、「教育」「研究」「社会との共創」「経営革新」の4つのビジョンを掲げている。「教育」においては、「やる気、挑む心」に応える入試制度改革や、AI教育を通じた大変革時代のリーダー育成に向けた取組などを推し進めている。「研究」においては、材料科学、スピントロニクス、未来型医療、災害科学などの分野で世界トップレベルの研究成果が生まれており、次世代放射光施設ができることで、さらにイノベーションが加速する。「社会との共創」においては、NiCHeを起点とした産学連携の取組や、ベンチャー支援が功を奏し、多くの大学発ベンチャーが生まれ、地域課題の解決にも寄与している。「経営革新」として、全学の同窓会組織である萩友会活動の充実などにも力を入れている。4つのビジョンを実現し、東北大学が社会変革を力強く先導していく。

写真
大野総長の熱い思いの講演
写真
大野総長の熱い思いの講演

懇親会の部

 懇親会は会場を変えて仙台地区拡大幹事の吉田昌平氏(平成9年卒)が司会をして、奥山前仙台市長(昭49年卒)、経和会記念財団代表理事の神部光崇氏(昭50年卒)の挨拶に続いて、仙台地区会長の丹野光明氏(昭49年卒)による乾杯で始まった。
 教員・学生・卒業生はなごやかに交流し、お互い親睦を深めあった。
 その後、元経和会記念財団理事長・元七十七銀行頭取勝股康行氏(昭30年卒)をはじめ、学生代表、新任役員等が挨拶した。
 終盤で、東北大学学生歌「青葉もゆる」を白石圭太郎氏(平18年卒)の音頭により全員で大合唱した。 最後は、白川由利枝氏(昭58年卒)による恒例の「伊達の一本締め」で締めくくった。

写真
司会は吉田昌平(平成9年卒)仙台地区拡大幹事
写真
奥山恵美子(昭和49年卒)前仙台市長のご挨拶
写真
神部光崇(昭和50年卒)経和会記念財団代表理事のご挨拶
写真
丹野光明(昭和49年卒)仙台地区経和会会長の乾杯
写真
乾杯により懇親会スタート
写真
和やかに懇親会が進行しています
写真
和やかに懇親会が進行しています
写真
勝股康行(昭和30年卒)元経和会記念財団理事長のご挨拶
写真
佐藤隆治(平成8年卒)北海道地区経和会理事からのご挨拶
写真
新任教員亀岡恵理子氏のご挨拶
写真
山田龍介さんの学生代表挨拶
写真
千田三郎(昭和54年卒)仙台地区常任幹事のご退任挨拶
写真
佐野直樹(昭和63年卒)仙台地区常任幹事のご退任挨拶
写真
仙台地区経和会新任役員のご挨拶
写真
白石圭太郎(平成18年卒)仙台地区常任幹事の先導による学生歌「青葉もゆる」の唱和
写真
全員で「青葉もゆる」を唱和
写真
相沢利之氏(昭和63年卒)元応援団長によるエール
写真
白川由利枝(昭和58年卒)仙台地区副会長の音頭による「伊達の一本締め」で閉会

[2019年5月10日]

2019年度 東京地区経和会 納涼交流会のご案内

 2019年度は一昨年に引き続き、下記内容で納涼交流会を開催いたします。
 講師には、昭和61年卒で、「カラオケまねきねこ」や「女性だけの30分健康体操教室 カーブス」などを一代で築き上げた株式会社コシダカホールディングス代表取締役社長の腰髙博氏をお招きし、創業から東証一部上場までの歩みを苦労話とともにお話しいただきます。また懇親会には、本年も前事務局長の小松正佳さんにテノールで独唱をしていただく趣向を用意していますので、会員の皆様には奮ってご参加いただきますようご案内申し上げます。

開催日時:2019年7月6日(土) 受付16:30
開催会場:学士会館(東京都千代田区神田錦町3-28  TEL 03-3292-5936)
参加:7,000円(前納 6,000円、平成23年〜30年卒 3,000円、新卒者 ご招待)

講演会プログラム
  1. 会長挨拶17:00
  2. 講演17:20〜18:20
    講師:株式会社コシダカホールディングス 代表取締役社長 腰髙 博 氏
    演題:「町のラーメン屋からカラオケに取り組み東証1部上場企業へ」
  3. 懇親会18:20〜20:00
    ・テノール独唱 小松正佳氏
    ・名刺交歓 (19:30 中締め)

<参加申込方法>
詳細はコチラ


[2019年4月2日]

祝卒業

 平成31年3月27日(水)にカメイアリーナ仙台(仙台市体育館)にて卒業式が行われ、経済学部では、学部生255名、大学院生62名が大学を巣立っていった。
経済学部では午後2時より、仙台ガーデンパレスで卒業祝賀会が行われ、卒業生は恩師や友人との別れを惜しみつつ、新たな船出へ希望を膨らませていた。
 祝賀会は、日置史郎先生の司会で始まり、照井伸彦研究科長が、今後社会で活躍していくためには、現代が「知識社会」であることを十分に認識する必要があるとの、はなむけの言葉を贈り、希望にあふれた卒業生たちを温かいまなざしで送りだされていた。
 経和会からは、仙台地区会長の丹野光明氏が、大学時代の友人がどれだけ大切な存在であるか、ご自身の体験を交えてご披露になり、友人あるいはOB同士のつながりの大切さを力説されていた。所用により、やむなく欠席された経和会記念財団の神部代表理事に代わりご挨拶された鈴木敏夫業務執行理事は、先人たちが積み上げてきた経和会記念財団の歴史を振り返り、財団が果たしてきた役割は大きく、今後も経済学部が地域社会のお役に立つために最大限のサポートをしていくとご挨拶をされた。
 守健二副研究科長の乾杯で幕を開けた会は、思い出話や、将来の勤務地の話などに花が咲き、大いに盛り上がった。祝賀会の途中には、論文表彰が行われ、演習論文優秀賞は、9名に、経和会記念財団優秀論文賞は、3名に送られた。また、経和会第94回生ゼミ代表幹事が任命され、壇上で記念撮影が行われたほか、萩友会の幹事2名が任命され照井学部長から信任状が送られた。
 最後まで名残惜しそうに友人たちと記念撮影をする卒業生たちであったが、会の終盤には、「青葉もゆるこのみちのく」を全員で斉唱し、日引聡副研究科長の閉会の言葉で中締めとなった。

写真
はなむけの言葉を贈る照井研究科長
写真
丹野仙台地区会長
写真
財団の鈴木氏
写真
乾杯で盛り上がる出席者
写真
優秀論文の皆様
写真
財団賞受賞者
写真
ゼミ代表幹事の皆様

[2019年3月27日]

2019年度 経和会 全国総会/仙台地区総会のご案内

2019年度の経和会 全国総会/仙台地区総会を下記要領で開催いたします。
会員の皆様の参加をお待ちしています。
日時:2019年6月10日(月)18:30~21:10
場所:パレスへいあん 住所:仙台市青葉区本町1-2-2
電話:022-265-5111

プログラムは以下の通りです。

第1部 経和会 全国総会/仙台地区総会
第2部 記念講演
講師: 大野英男氏(東北大学総長)
演題: 「創造と変革を先導する東北大学」
第3部 懇親会
時間:19:45~21:10
参加費: 5,000円(学生 3,000円)

<参加申込方法>

  1. 申込先: こちらのフォームより
  2. 経和会電話・FAXでのお申込 022-795-6312
    メールでのお申込 keiwakai6312@gmail.com
    氏名、卒業年次、ゼミ名、住所、電話、勤務先をお知らせ下さい。
  3. 申込期限:2019年5月31日(金)

ご不明の点は経和会事務局(TEL 022-795-6312)にお問い合わせ下さい。


[2019年3月27日]

東京地区経和会 首都圏トンペー経済学部の会

この度、首都圏に在住する東北大学経済学部(平成元年以降)卒業者が集まり、
懇親会(「首都圏トンペー経済学部の会」)を開催します。
興味のある方は奮ってご参加ください。

日時:2019年5月18日(土)17:00〜20:00
場所:パパミラノ・サピアタワー店(TEL:050-3490-0056)
住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー3F
アクセス:JR東京駅 日本橋口 徒歩1分/地下鉄東西線 大手町駅
B7出口 徒歩1分
参加費:新社会人・・・ 無料招待
平成卒業会員・・・ 5千円
申込締切日:4月26日(金)

<参加連絡先>
首都圏トンペー経済学部の会幹事の村上(a0eb1238@yahoo.co.jp)まで、
卒業年/氏名/ゼミ名/勤務先/連絡先(メルアド)をお知らせください。
なお、件名は「首都圏トンペー経済学部の会申込み」としてください。