TOP 経済学部 大学院経済学研究科 会計大学院 地域イノベーション研究センター 教員紹介 研究データベース

本文へジャンプ

         
東アジア産業システム部門
         

 東アジア経済の長期持続的成長を目指す上での問題点として、イノベーション・システムの脆弱性に着目し、 中国・ベトナム・タイなどの東アジア諸国における多国籍企業・産業集積・高度人材の国際間移動を通じて、内生的・外生的双方の メカニズムを通じたイノベーション促進に資する理論的・実証的研究を行う。具体的には、(A)海外の大学や産業集積において高度 の専門知識と事業ノウハウを蓄積した高度専門人材の母国・地域への還流、海外経験で形成された人的ネットワークの役割を調査し、 国際的人材流動を通じた知識伝播・イノベーション創出の現状と、その促進のための制度構築を分析する。(B)東アジア諸国・地域 における産学連携やクラスター形成の具体的形態を調査し、その現状を踏まえながら、空間経済学の視角から、よりイノベーティブな システムを形成するためにはどのような政策支援や制度構築が必要になるかを考察する。(C)東アジア諸国・地域における日系企業の 研究開発・生産活動に着目して、それが現地における技術伝播やイノベーションにどのような影響を及ぼしているか、 また日本本国の中枢機能空洞化を招かないような望ましい分業関係を構築するためにはどのようにすればよいかを考察する。







キックオフミーティングにおけるプレゼンテーション(陳清目講師)PDF