世界は経済を原動力として動いている。

トップページ > 教員紹介一覧 > 教員紹介

教員紹介

菅原 歩

略歴

1972年生まれ
1996年 3月京都大学経済学部経済学科卒業
2003年 3月京都大学大学院経済学研究科博士後期課程経済システム分析専攻単位取得退学

学位

京都大学博士(経済学)

現職

東北大学大学院経済学研究科准教授 グローバル経営史担当

研究分野

イギリス経営史

研究課題

イギリス対外投資

ユーロダラー市場

イギリス資源企業

アメリカ国際銀行

授業担当

大学院(演習を除く) グローバル経営史特論 a・b

学部(演習を除く) 経済史

主な研究成果

「リオ・ティント社の対カナダ投資、1952−1956年−鉱業多国籍企業の形成過程−」『経営史学』第42巻第2号、3-29頁、2007年9月。

「対外金融政策−資本流入の持続可能性−」河音啄郎・藤木剛康編『G・W・ブッシュ政権の経済政策』ミネルヴァ書房、157-195頁、2008年。

「戦間期中国における米系国際銀行−International Banking Corporation北京支店、天津支店、広東支店」『Tohoku Management & Accounting Research Group』第78号、1-19頁、2007年3月。

リンク

東北大学研究者紹介
教員個人のページ

メールアドレス

@...