世界は経済を原動力として動いている。

トップページ > 教員紹介一覧 > 教員紹介

教員紹介

木村 史彦

略歴

1971年生まれ
1995年 3月中央大学商学部会計学科卒
1997年 3月大阪大学大学院経済学研究科博士前期課程修了
2000年 3月大阪大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学

学位

博士(経済学)(大阪大学)

現職

東北大学大学院経済学研究科准教授 財務諸表分析担当(会計大学院) 会計情報論担当(経済経営学専攻)

研究分野

財務会計論,実証会計学

研究課題

1. コーポレートガバナンスと会計

2. 日本企業の会計操作の実態の解明

3. 財務データの統計的特性の解明

授業担当

大学院(演習を除く) 会計情報論,財務諸表分析,上級財務諸表分析,事例研究(財務諸表分析),プロジェクト研究・調査(財務諸表分析)

学部(演習を除く) 財務会計

主な研究成果

「業種分類の信頼性比較―日経業種分類、東証業種分類、およびGICS業種分類の比較分析―」『現代ディスクロージャー研究』第9号(2009年)33-42頁.

「ガバナンス構造と利益の質」『証券アナリストジャーナル』第44巻第5号(2006年)30-41頁.

「経営者の近視眼的投資行動と企業のガバナンス構造−研究開発投資水準の決定をめぐって」 『管理会計学』第11巻第1号(2003年)43-56頁.

「利益数値制御の推定方法に関する一考察」 『會計』第164巻3号(2003年)37−52頁.

リンク

教員個人のページ
会計大学院

メールアドレス

@...