世界は経済を原動力として動いている。

トップページ > 教員紹介一覧 > 教員紹介

教員紹介

日引 聡

略歴

1961年9月生まれ
1985年3月上智大学経済学部経済学科卒業
1990年3月東京大学大学院経済学研究科第2種博士課程単位修得退学
1989年4月国立公害研究所(現 国立環境研究所)総合解析部 研究員
1996年4月国立環境研究所社会環境システム部主任研究員
1999年4月東京工業大学大学院社会理工学研究科助教授(途中呼称変更で、准教授)連携併任
2006年4月独立行政法人国立環境研究所社会環境システム研究領域(現、社会環境システム研究センター)環境経済政策研究室室長
2012年4月上智大学経済学部経済学科 教授
2015年4月東北大学大学院経済学研究科 教授

学位

博士

現職

東北大学大学院経済学研究科 教授       (併任)独立行政法人国立環境研究所環境経済評価連携研究グループグループ長、名古屋大学エコトピア科学研究所客員教授、早稲田大学現代政治経済研究所特別研究所員

研究分野

環境経済学、資源経済学

授業担当

大学院(演習を除く) 中級ミクロ経済学、環境経済学特論

学部(演習を除く) 環境経済学

主な研究成果

(研究論文)

“A Discrete/Continuous Choice Model on a Nonconvex Budget Set”, Econometric Reviews, forthcoming(共著)

"Exact Estimation of Demand Functions under Block-Rate Pricing", Econometric Reviews, forthcoming(共著)

“Productivity or Technology Adoption: A Case Study in Waste Treatment Technology", Resource and Energy Economics, Vol. 36, No.2 (2014), pp. 586-600. (共著)

“Panel Data Analysis of Japanese Residential Water Demand Using a Discrete/Continuous Choice Approach ”, The Japanese Economic Review, Vol. 62, No. 3 (2011), pp.365-386.(共著)

“Does the housing market respond to information disclosure?: Effects of toxicity indices in Japan ”, Journal of Environmental Management, Vol.92, No.1 (2011), pp.165-171. (共著)

“Environmental Information Provision, Market Valuation and Firm Incentives: Empirical Study on Japanese PRTRs ”, Land Economics, Vol.86, No.2 (2010), pp.382-393. (共著)

“Does Trade Openness Improve Environmental Quality? ”, Journal of Environmental Economics and Management, Vol.58, No.3 (2009), pp.346-363. (共著)

“Is a Voluntary Approach an Effective Environmental Policy Instrument? A Case for Environmental Management Systems”, Journal of Environmental Economics and Management,Vol.55, No.3 (2008), pp.281-295. (共著)

“An Institutional Framework for Analysis of Voluntary Policy: The Case of Voluntary Pollution Prevention Agreements in Kita Kyushu, Japan”, Journal of Environmental Planning and Management, Vol.46, No.4 (2003), pp.523-543. (共著)

“Japanese Voluntary Environmental Agreements: Bargaining Power and Reciprocity as Contributors to Effectiveness”, Policy Science, Vol.35, No.4 (2002), pp.401-424. (共著)

(教科書)

日引聡、有村俊秀(2002)『入門 環境経済学―環境問題解決へのアプローチ』中央公論新社

リンク

IDEAS

メールアドレス

@...