世界は経済を原動力として動いている。

トップページ > 理念と目標

理念と目標

 東北大学大学院経済学研究科および経済学部は、経済学・経営学の高度な研究と、それにもとづく総合的な教育によって、先端的研究成果の創出と指導的人材の育成につとめ、もって地域と世界に貢献することを理念とする。

研究の理念と目標

 東北大学大学院経済学研究科は、経済学・経営学の基礎的・応用的諸分野と現代社会の要請に対応する実践的諸分野を整備した体制のもとに、理論的・政策的・歴史的アプローチによる総合的で高度な研究を行う。21世紀の経済と社会の研究課題に積極的に取り組み、経済学・経営学の発展に寄与し、先端的な研究成果を社会に提供する。

 また先端的研究の成果を教育に活かすことにより、広い教養基盤と経済・経営分野の優れた専門的能力を身につけた指導的人材を育成する。

 さらに行政や産業界や非営利組織(NPO)などとの研究教育連携によって、地域と世界における学問的知見を活かした社会貢献を推進する。

教育の理念と目標

学部教育の理念と目標

 総合大学としての特性を活用した教養教育の基礎の上に、経済学・経営学の融合教育を行う。少人数の演習を重視した教育を実施し、広い基本的知識と深い専門的・応用的知識および課題探求力を身につけた国際的視野を持つ指導的人材を育成する。また大学院との連携教育を実施することにより教育の高度化をはかる。


大学院教育の理念と目標

 経済学・経営学の高度な総合的教育を行う。21世紀の社会的・経済的諸課題の解決のために知的貢献を行う研究者と、高度な職業能力および公認会計士等の専門的職業能力をもって社会の指導者となりうる人材を育成する。また社会人教育に積極的に取り組むことによって現代の社会的要請に応える。

アドミッションポリシー

経済学部のアドミッションポリシー

 経済学部は、経済学と経営学の融合教育を通じて、人間や社会の事象について知的探求能力を持ち、現代社会が直面する問題の解決に貢献できる指導的人材の養成を目指します。そのため、十分な基礎学力、論理的な思考能力、経済と社会への関心、社会への貢献意欲を持つ人を求めています。

 そのため、大学入試センター試験では基礎学力を総合的に評価し、特に社会についての基礎的理解を重視します。前期日程試験と後期日程試験では、筆記試験により、基礎学力と論理的な思考能力を重視した評価を行います。AO入試Ⅲ期では、経済・社会問題に対して特に強い関心を持ち、その解決に向けて意欲的に行動しようとする人を求めます。そのため、大学入試センター試験により基礎学力を確認し、出願書類と面接試問により経済社会問題への関心と意欲、論理的な思考能力及びコミュニケーション能力等を評価します。

第3年次編入学試験制度の趣旨

 東北大学経済学部では、すでに学士の学位を取得した者、大学に在学する者、短期大学又は高等専門学校を卒業した者等で、本学部の専門教育の課程を履修することを希望し、かつ、それにふさわしい資質と能力をもつと認められる者に対して、国籍のいかんを問わず門戸を開放しています。これは近年、経済社会環境の急速な変化に伴い、経済学あるいは経営学の現代的知識が従来にも増して必要とされていることをふまえて、 これまでに何等かの学問分野で専門教育を受けた者、及び一定の学業を修めたのち社会において経験を積んだ者等に対して、あらためて経済学・経営学を学ぶ機会を提供しようとするものです。

大学院経済学研究科のアドミッションポリシー

 東北大学大学院経済学研究科には二つの専攻があります。経済経営学専攻では、経済・経営への強い関心と、それについての基礎学力を有し、将来これらの分野の研究者として、あるいは高度な専門職業人として活躍することを希望する人を求めます。会計専門職専攻(会計大学院)では、会計に関する基礎学力を有し、将来高度な分析能力を身につけ、国際的な場面で活躍する会計職業人となることを希望する人を求めます。

 また、実社会での経験を生かしながら、新たな問題意識をもって経済学や経営学を学びたい、会計職業人としての能力を向上させたい、という希望をもつ社会人を積極的に受けいれます。

会計大学院のアドミッションポリシー

 東北大学会計大学院には,「公認会計士コース」・ 「会計リサーチコース」(平成23年度より「高度会計職業人コース」 にかわり設置)という2つのコースがあり、両コースとも,会計の 専門知識だけではなく経済や経営などの関連領域の知識も身に つけた会計プロフェッショナルとなることを強く希望する学生 を求めます。「公認会計士コース」では、将来公認会計士となり 監査法人や企業の第一線でグローバルな視点を持ちながら活躍する ことを希望する人を求めます。また、「会計リサーチコース」 では、高度な情報の収集・分析能力を獲得して,会計専門家として スキルアップし自己のキャリアに活かしたい方や博士後期課程へ の進学を視野に入れている方を求めます。