Tohoku University Logo

Graduate School of Economics and Management /
Faculty of Economics

Tohoku University Logo

東北大学
経済学部大学院経済学研究科会計大学院

カリキュラム&開講科目

修了要件

公認会計士コース

44単位以上を修得すること。ただし、講義科目群会計領域の授業科目の中から28単位以上(うち財務会計分野10単位以上(うち同分野の別に定める主要な理論を講義する科目(以下「主要理論科目」という。)2単位以上)、管理会計分野6単位以上(うち同分野の主要理論科目2単位以上)及び監査分野6単位以上(うち同分野の主要理論科目2単位以上))、同群経済と経営領域から2単位以上、同群ITと統計領域から2単位以上、同群法と倫理領域から4単位以上(うち倫理分野2単位以上)、同群の別に定める事例の研究を行う科目(以下「事例研究科目」という。)から2単位以上及びリテラシー科目群から2単位以上を修得すること。

会計リサーチコース

44単位以上を修得すること。講義科目群事例研究科目から4単位以上、同群法と倫理領域倫理分野から2単位以上、リテラシー科目群から4単位以上、演習科目群の別に定めるプロジェクト調査科目から6単位以上及び同群の別に定めるプロジェクト研究科目から4単位以上を修得すること。

開講科目

本会計大学院の公認会計士コースと会計リサーチコースの科目は、3つの科目群(講義科目群、リテラシー科目群、演習科目群)から構成されます。講義科目群は4領域(会計、経済と経営、ITと統計、法と倫理)に分類され、それぞれの領域も科目内容に応じて複数の分野に分類されます。リテラシー科目群は、学生のコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力を高めることを目的とし、ネイティブ・スピーカーの教員による英語の講義や特定のテーマに沿って主体的に分析・報告を行うワークショップが含まれます。演習科目群はプロジェクト調査及びプロジェクト研究で構成され、主に会計リサーチコースに在籍する学生のリサーチペーパー執筆の指導を目的とします。すべての科目は、レベルに応じて、基礎科目、展開科目、実践・応用科目に分類されているので、学生は自己のニーズやレベルに応じて履修計画を立てることができます。

開講科目一覧

下記の表は左右にスクロールできます。

会計領域
財務会計分野 管理会計分野 監査分野
*財務会計1 簿記1 管理会計1 監査1
*財務会計2 簿記2 管理会計2 監査2
*財務会計3 簿記3 管理会計3 監査3
財務諸表分析 IFRS1 原価計算1 国際監査
企業評価 IFRS2 原価計算2 監査計画の構成法1
公開系1 国際会計実務 原価計算3 監査計画の構成法2
公開系2 財務会計の理論と実証 事例研究(管理会計) 内部統制の実務
事例研究(IFRS) IT監査
事例研究(監査制度)
経済と経営領域
経剤と経営分野
ミクロ経済学 マクロ経済学 経営管理 経営戦略
マーケティング コーポレートファイナンス グローバル経営
ITと統計領域
IT分野 統計分野
企業情報システム 情報システム設計 統計学1 計量経済分析1
IT戦略 戦略情報システム導入 統計学2 軽量経済分析2
事例研究(情報システム設計) 情報セキュリティ
法と倫理領域
企業法分野 倫理分野
金融行政1 法人税法1 事例研究(金融行政) 会計職業倫理
金融行政2 法人税法2 事例研究(企業法) ビジネス倫理
財務行政 消費税法 管理会計(法人税法) 事例研究(会計職業倫理)
企業法1 所得税法
企業法2 企業開示制度と実務

リテラシー科目群

  • ビジネス・コミュニケーション1
  • ビジネス・プレゼンテーション2
  • ビジネス・コミュニケーション2
  • ワークショップa
  • ビジネス・プレゼンテーション1
  • ワークショップb

リテラシー科目群

  • プロジェクト調査(財務諸表)a,b
  • プロジェクト調査(管理会計)a,b
  • プロジェクト研究(財務会計)a,b
  • プロジェクト調査(コスト・マネジメント)a,b
  • プロジェクト研究(コスト・マネジメント)a,b
  • プロジェクト調査(財務会計)a,b
  • プロジェクト研究(財務会計)a,b
  • プロジェクト研究(財務諸表分析)a,b
  • プロジェクト調査(監査)a,b
  • プロジェクト研究(監査)a,b
  • プロジェクト調査(財務諸表分析)a,b
  • プロジェクト研究(財務諸表)a,b
  • プロジェクト研究(管理会計)a,b
  • プロジェクト調査(法人税法)a,b
  • プロジェクト研究(法人税法)a,b
上に戻る