Tohoku University Logo

Graduate School of Economics and Management /
Faculty of Economics

Tohoku University Logo

東北大学
経済学部大学院経済学研究科会計大学院

柴田 友厚 (しばた・ともあつ)

教授

略歴

1983年3月
京都大学理学部卒業
1983年4月
ファナック株式会社
1994年10月
笹川平和財団
1998年3月
筑波大学大学院経営政策科学研究科終了
2001年3月
東京大学大学院先端学際工学博士課程終了
2004年4月
香川大学大学院地域マネジメント研究科 教授
2011年4月
東北大学大学院経済学研究科 教授

学位

MBA(筑波大学), Ph.D(東京大学)

現職

東北大学大学院経済学研究科教授 イノベーション論担当

研究分野

イノベーションと変化のマネジメント

研究課題

戦略転換と組織適応

マネジメントアーキテクチャ戦略

製品開発戦略とプロセス

企業盛衰の分岐点

新産業創造における戦略と政策

授業担当

大学院(演習を除く)イノベーションマネジメント特論

学部(演習を除く)企業論

主な研究成果

●主な書籍での発信

『イノベーションの法則性:成功体験の過剰適応を超えて』中央経済社、2015

『日本企業のすり合わせ能力』、NTT出版、2012

『マネジメントアーキテクチャ戦略』、オーム社、2009

『モジュール・ダイナミクス』白桃書房、2008

『製品アーキテクチャの進化論』白桃書房、2002

●主な査読付き海外ジャーナルでの発信

"Managing ambidextrous organization for corporate transformation”, R&D Management, 2018.

"Beyond fusion toward IoT by way of open innovation”, Journal of Open Innovation: Technology, Market, and Complexity(2017)3:23.

"Developing Knowledge Convergence through a Boundaries Vision”, Knowledge and Process Management, Vol.23,No.4,2016,pp.274-292.

”Demand articulation in the open-innovation paradigm”, Journal of Open Innovation: Technology, Market, and Complexity(2015)1:2.

"Managing the change of strategy from customisation to product platform", International Journal of Technology Management Vol.67,Nos.2/3/4,2015,pp.289-305.

"Research into ambidextrous R&D in product development - new product development at a precision device maker: a case study", Technology Analysis & Strategic Management, Vol.26,No.3,2014,pp.279-306.

"Strategy transformation through strategic innovation capability: a case study of Fanuc”, R&D Management Vol.44,No.1,2014,pp.75-103.

"Unveiling the successful process of technological transition," R&D Management Vol.42,No.4,2012,pp.358-376.

"Managing parallel development towards technological transitions," International Journal of Technology Management Vol.60,Nos.3/4,2012,pp.281-301.

"Managing the change of architecture knowledge," International Journal of Innovation Management, Vol.15,No.5,2011,pp.1093-1112.

"Product innovation through module dynamics," Journal of Engineering and Technology Management, Vol.26,2009,pp.46-56

"Managing Technological Transition from old to new technology," Business Strategy Series, Vol.9, No.4,2008, pp.394-pp.400.

"Empirical analysis of evolution of Product Architecture," Research Policy, Vol.34,2005,pp.13-31.

"Building the Concept of Learning by Decomposing," International Journal of Innovation management, Vol.7, No.3, 2003, pp.371-393.

●主な査読付き国内ジャーナルでの発信

「探索戦略の迷走:富士フイルムとコダックの分岐点」『赤門マネジメント・レビュー』16巻5号(2017年10月25日)、pp.477-497.

「二刀流組織からみた富士フイルムの企業変貌プロセス」『赤門マネジメント・レビュー』13巻12号(2017年2月). pp.477-497.

「モジュール化の開発プロセスの構築」『赤門マネジメント・レビュー』13巻12号(2014年12月)、pp.477-497.

「技術転換に向けた状況適合的並行開発戦略」『組織科学』Vol.46 No.2 pp.53-63.2012

「技術選択のジレンマのマネジメント」『一橋ビジネスレビュー』Vol.56,No.3,pp.180-191.2008

「モジュール製品における分割と統合のダイナミクス」、『組織科学』、Vol.41,No.1,2007、pp.66-76.

「並行イノベーションを誘発するアーキテクチャ」、『組織科学』、Vol.38,No.2,2004、pp.69-79.

「製品アーキテクチャの進化—アーキテクチャからみた技術進化」『一橋ビジネスレビュー』、Vol.49, No.3、2001, pp.180-196.

「製品システムとビジネスシステム」、『研究技術計画』、Vo.15, No.3/4、2000, pp.227-240.

「分断による学習の概念化に向けて」、『組織科学』、Vol.34,No.1、2000, pp.76-94.

●主な新聞・雑誌等での研究成果の発信

「自動車産業の未来 (上)EVの先見据えた戦略を」経済教室『日本経済新聞』2017年9月25日

「日本のエコカー戦略明確に」論点『読売新聞』2017年1月10日

「イノベーションを考える 組織の作用1~10」、やさしい経済学、『日本経済新聞』2016年2月~3月

「モジュール戦略の神髄」『日経Automotive』2016年1月号,pp.64-70.

「モジュール戦略の神髄」『日経ものづくり』2015年10月号,pp65-73

「製造業復活への課題(下)」経済教室『日本経済新聞』2013年12月31日

「家電不況の教訓 (下)」経済教室『日本経済新聞』20012年11月30日

「強みの擦り合わせ能力はデザインルールに生かす」『日経ものづくり』2012年9月号

「企業、新技術適応の条件」経済教室『日本経済新聞社』2012年3月30日

「東北のものづくり復興」経済教室『日本経済新聞』2011年7月18日

「産業発展とものづくりの設計思想」経済教室『日本経済新聞』2008年10月9日

メールアドレス

上に戻る