東北大学 経和会

履修モデル

ケース2:経済学部出身のBさんの場合(会計リサーチコース)

Bさんは、学部において会計のゼミに所属しており、会計基準の新設・改訂が企業に与える影響について関心を持っている。Bさんは会計大学院で実践的な教育を受けつつ、さらに研究を進めていきたいと考えている。また、博士後期課程への進学も視野に入れている。

1年前期

科目名 領域 レベル
財務会計1会計(財務会計)基礎
IFRS1会計(財務会計)展開
監査1会計(監査)基礎
ビジネス・コミュニケーション1リテラシー科目群実践・応用
プロジェクト調査(財務諸表分析)a会計(財務会計)実践・応用
プロジェクト調査(財務諸表)a会計(財務会計)実践・応用

以上12単位

1年後期

科目名 領域 レベル
財務会計2会計(財務会計)基礎
財務会計の理論と実証会計(財務会計)実践・応用
管理会計1会計(管理会計)基礎
事例研究(会計職業倫理)法と倫理実践・応用
プロジェクト調査(財務諸表分析)b会計(財務会計)実践・応用
プロジェクト調査(財務諸表)b会計(財務会計)実践・応用

以上12単位

2年前期

科目名 領域 レベル
財務会計3会計(財務会計)展開
管理会計2会計(管理会計)基礎
計量経済分析1ITと統計基礎
ビジネス・コミュニケーション2リテラシー科目群実践・応用
プロジェクト研究(財務諸表)a会計(財務会計)実践・応用

以上10単位

2年後期

科目名 領域 レベル
企業評価会計(財務会計)展開
IFRS2会計(財務会計)展開
事例研究(IFRS)会計(財務会計)実践・応用
ビジネス・プレゼンテーション1リテラシー科目群実践・応用
プロジェクト研究(財務諸表)b会計(財務会計)実践・応用

以上10単位

履修のポイント

  • Bさんは財務会計領域での基礎的な知識を持っているので、より発展的な科目について履修を進めます。
  • 必要に応じて計量経済分析などの研究のために必要な科目を受講します。
  • 会計リサーチコースでは、プロジェクト調査とプロジェクト研究の履修が修了要件となります。プロジェクト調査については複数科目を履修し、受講者のニーズにあった指導を受けます。そして、プロジェクト研究を通じて修士論文に相当するリサーチペーパーの作成を進めます。

このページのトップへ