東北大学 経和会

Q&A

将来の進路

Q1.
東北大学会計大学院の修了者の進路について教えてください。

A1.
監査法人とともに、民間企業(金融機関,製造業,コンサルティングファーム)、官公庁などが主な就職先となっています。詳細な情報はこちらをご覧ください。

Q2.
将来公認会計士として就職する際、東北大学会計大学院で学んだ知識はどのような形で役立つのでしょうか?

A2.
東北大学会計大学院では、会計関連科目だけではなく、経済や経営、統計やIT関連の科目を多数開講しています。これらを受講することで、資格取得のみに注力して公認会計士となった人たちとは一線を画す「高度な分析能力を持つ公認会計士」として活躍できるものと考えています。
本会計大学院の在学、修了者の試験合格者の就職状況は良好な水準を維持しています。

Q3.
会計大学院を修了してから公認会計士試験の短答式試験を受ける場合、「財務会計論」・「管理会計論」・「監査論」の3科目が免除されると思います。これらの科目の受験を免除されるためには、公認会計士・監査審査会への免除申請手続が必要であると聞いています。この手続をどのように行えばいいのか不安です。

A3.
免除申請手続きについては修了に合わせ説明会を実施し、書類の作成にあたっては専任スタッフがサポートします。また、試験制度の改正等の情報を、随時、連絡しています。

このページのトップへ