東北大学 経和会

トップページ > 会計大学院トップページ > 東北大学会計大学院の設置目的

東北大学会計大学院の設置目的/アドミッションポリシー

会計専門家を国際的な視点から養成することの必要性

わが国では、公認会計士・税理士といった資格が必要な会計プロフェッショナル、国税庁の国税専門官、企業や官庁の経理担当者といった会計専門家が、経済社会を基礎から支える会計業務に携わってきました。現在では、企業会計・監査・税務の国際化が急速に進んでおり、国際的な会計基準に準拠した会計報告が求められています。
これは、今後、職業会計人として会計業務に関わる人が、グローバルな感覚を持ち、国際的に通用する専門的能力を身につけなければならないことを意味しています。会計大学院は、このような人材を養成するための教育機関として位置づけられています。東北大学では2005年4月より会計大学院を新たにスタートさせ、現在約80名の学生諸君が、将来、高度な分析能力を持つ職業会計人となるために日夜勉学に励んでいます。

東北大学会計大学院が求めていること

東北大学会計大学院では、高度な分析能力を持った会計専門家の育成を目的としています。今後、会計プロフェッショナルとして活躍していくためには、会計や税務に関する専門知識はもちろんのこと、経済・経営・IT・統計といった領域についても基礎的な知識を持った上で分析能力を身につけていく必要があります。また、国際的な場面で活躍するためには、コミュニケーション能力やプレゼンテーションの能力も重要です。
東北大学会計大学院では、これらの能力を身につけるためのカリキュラムを準備し、さらに、少人数教育を徹底して行うことにより、時代のニーズに応じた会計専門家を養成していきたいと考えています。将来会計プロフェッショナルを目指す皆さん、仙台の地で夢をかなえてみませんか?教員・スタッフ一同お待ちしております。

アドミッションポリシー

東北大学会計大学院には、「公認会計士コース」・ 「会計リサーチコース」(平成23年度より「高度会計職業人コース」 にかわり設置)という2つのコースがあり、両コースとも、会計の 専門知識だけではなく経済や経営などの関連領域の知識も身に つけた会計プロフェッショナルとなることを強く希望する学生 を求めます。「公認会計士コース」では、将来公認会計士となり 監査法人や企業の第一線でグローバルな視点を持ちながら活躍する ことを希望する人を求めます。また、「会計リサーチコース」 では、高度な情報の収集・分析能力を獲得して、会計専門家として スキルアップし自己のキャリアに活かしたい方や博士後期課程へ の進学を視野に入れている方を求めます。

このページのトップへ