国際化・情報化が進む社会の中で新時代をリードする視点と技術を学ぼう

国際化と情報化を基軸にスピーディに変化しつつ、複雑さを増す現代社会。その基盤を成す経済活動。経済学と経営学を学べば、現代社会を的確に理解し、将来を見通すことができます。

私たちは、現在およびこれからの社会をトータルにとらえ、理論に基づいた実践的で新しい知識を皆さんに提供します。

国際的視野をもち、専門的能力と応用力を備えて、社会をリードしていく人材を育てたい、これが私たちの願いです。

学部教育の理念と目標

総合大学としての特性を活用した教養教育の基礎の上に、経済学・経営学の融合教育を行う。少人数の演習を重視した教育を実施し、広い基本的知識と深い専門的・応用的知識および課題探求力を身につけた国際的視野を持つ指導的人材を育成する。また大学院との連携教育を実施することにより教育の高度化をはかる。

経済学部のアドミッションポリシー

経済学部は,経済学と経営学の融合教育を通じて,人間や社会の事象について知的探求能力を持ち,現代社会が直面する問題の解決に貢献できる指導的人材の養成を目指します。 そのため,十分な基礎学力,論理的な思考能力,経済と社会への関心,社会への貢献意欲を持つ人を求めています。

そのため,大学入試センター試験では基礎学力を総合的に評価し,特に社会についての基礎的理解を重視し ます。前期日程試験と後期日程試験では,筆記試験により,基礎学力と論理的な思考能力を重視した評価を行 います。

AO 入試Ⅲ期では,経済・社会問題に対して特に強い関心を持ち,その解決に向けて意欲的に行動しようと する人を求めます。そのため,大学入試センター試験により基礎学力を確認し,出願書類と面接試問により経 済社会問題への関心と意欲,論理的な思考能力及びコミュニケーション能力等を評価します。

経済学部のカリキュラムボリシー

東北大学経済学部は,経済学と経営学の融合教育,少人数の演習ならびに大学院との連携教育を通じて,経 済に関する幅広くかつ深い専門知識,課題探求力および国際的視野を備えた指導的人材を育成することを目的 とする.この教育理念を実現するために,次のような方針に従ってカリキュラムを編成する。
1) 1年次と2年次には,経済学および経営学に関する基本的知識を習得するための科目を配当する。
2) 3年次以降には,経済学および経営学に関するより専門的・応用的知識を習得するための科目を配当する。 さらに,大学院開講科目を一部履修可能とすることで,大学院教育との連携を図る。
3) 課題探究力を培うため,3年次と4年次に演習科目(ゼミナール)を設ける。少人数教育を重視する観点から, 演習科目は必修とする。さらに,4年次の演習科目では演習論文の作成を求める。
4) 経済学と経営学の融合教育を目指す観点から,両分野の基礎的な科目を遍く履修することを求め,所属学 科によらず卒業必要単位として認定する。
5) 指導力を養うため、少人数教育,大学院との連携教育,インターンシップなどを活用する。
6) 視野を国際的に広げるため,海外留学制度を整備し,留学生で履修した科目についても単位認定を行う。

経済学部のディプロマ・ポリシー

東北大学経済学部規程に定められた期間在学し,全学教育科目および専門科目の履修を通じて,本学部が教 育理念・教育目標として掲げる経済に関する幅広く深い専門知識,課題探究力および国際的視野を身に付け, かつ,所定の単位を修得したと認められれば,卒業を認定し学士(経済学)の学位を授与する。