本文へスキップ

Graduate School of Economics and Management, Tohoku University


                                          

研究の特徴

  • 経済学・経営学の理論にもとづく大規模データの解析により社会的課題を解決する視点の研究を行う。    
  • 現代社会に生きる人間に共通な価値観の多様化、求められる生産性向上に向けた資源の効率的利用、成熟市場に求められる長期的関係性の構築など現代社会に求められる欲求に応えるため、エンドユーザーのための適切なサービスの個別対応を実現する研究を行う。   
  • サービスの供給者(企業、公共機関)と受給者(顧客、生活者)相互の価値を生み出しながら、生産性向上と新たなサービスを創造する可能性を追求する研究を行う。   
  • サービス・イノベーションの研究を通じて、持続的成長のための政策支援や制度構築に寄与することも目指す。